ゴールデンウイークも営業中!
クレジットカードでお支払いできます
春の雑草対策キャンペーン

人工芝専門業者が教える!人工芝をしく3つデメリット

人工芝をベランダにしきたいと考えたあなたは、ネットで人工芝について調べますよね。ネット上の記事は、人工芝をしくメリットについて高々と宣伝しています。・メンテナンスフリー・見た目は天然芝と見間違えるくらい自然・雑草の悩み解消などなど。どの業者もメリットを強調します。ただ、これらの記事を見たあなたは、「ほんとに、メリットばっかりなの…?デメリットもあるんじゃないの…?」と不安に思われることでしょう。そうですよね。何事も、メリットがあればデメリットもあります。今回は、人工芝専門業者である我々がベランダにしくデメリットについて紹介します。

人工芝の強風対策

人工芝における強風対策は、いかに人工芝を地面に固定するかを考えます。ピンを増やしたり、接着材や専用の両面テープなどで固定したり、砂や充填剤で重量を増したり、最初から品質の良い重量のある人工芝を使用すると良いでしょう。

梅雨時の人工芝はカビるの?

梅雨時は人工芝にとってはちょっと困った時期で、設置にも管理にもどうしても気を遣うしかありません。カビると見た目も衛生面も問題が出ますので、抗菌加工がされている人工芝を選ぶことや、マメに管理してあげることが大切です。

洋風住宅には人工芝

今は新築の住宅は洋風が主流ですが、特に最近のモダンなスタイルの住宅になると、より一層庭は芝が似合う形になっており、人工芝を導入される方が多くなりますが、その際には人工芝選びは大切になります。

バローの人工芝の品質

人工芝は業者に施工してもらうと、その後のメンテナンスも同じ業者になりがちです。バローなどホームセンターで購入できる人工芝は、品質的にマメなメンテナンスが必要になりますので、結局コストがかさみやすいです。最初からよいものを選びましょう。

ジョイフル本田の人工芝の反射光

人工芝についての評価で、反射光についてみかけましたが、この光の反射の自然さと耐久性の両立こそが、
人工芝の課題のひとつでもあり、メーカーの技術差、そして製品価格の違いが出てくる部分です。