ゴールデンウイークも営業中!
クレジットカードでお支払いできます
春の雑草対策キャンペーン

人工芝のロールの重さ

人工芝にはジョイント式のマットタイプとロールタイプがありますが、

特に人気があるのはロールタイプの人工芝です。

庭に敷き詰めてある人工芝は見たことがあるものの、どのくらいの重さがあるのか

知っている人ってそんなにいらっしゃらないでしょう。

人工芝の重さってどれくらいなんだろうと、なかなか想像がつきません。

ここでは人工芝のロールの重さについてまとめてみましょう。

人工芝はロールタイプが良い理由

人工芝ではロールタイプとタイルタイプがありますが、ロールタイプの方が良いとされています。その理由は、言われているほどタイルタイプのメリットはなく、また人工芝は特性上、継ぎ目が多くなるとそれだけ機能が低下するからです。

人工芝ドッグランと熱中症

人工芝は天然芝と似たような性質を持つようできていますが、熱がこもりやすい点については違うため注意が必要です。水を撒いたり、夏季は取り外すなどして温度上昇を防ぐことで、愛犬たちの熱中症を防ぐことにつながります。

人工芝の強風対策

人工芝における強風対策は、いかに人工芝を地面に固定するかを考えます。ピンを増やしたり、接着材や専用の両面テープなどで固定したり、砂や充填剤で重量を増したり、最初から品質の良い重量のある人工芝を使用すると良いでしょう。

人工芝はロールタイプかジョイントマットか

人工芝にはロールタイプとジョイント式のマットタイプがありますが、優劣があるというより、それぞれのタイプが持つ特徴を最大に活かして使うことが大切です。それぞれの特徴について紹介します。

カーマのジョイント人工芝は本当に便利?

カーマなどのホームセンターではジョイント式の人工芝も多く販売されていますが、小さな面積やインテリアでは便利でも、庭やベランダにしっかり人工芝を張りたい場合には継ぎ目も多く、接着も弱くズレやすいなど不向きな特徴が多いです。

人工芝のロールタイプとジョイント式

人工芝は大きく、ジョイント式のマットとロールタイプのものに分かれますが、それぞれに特徴があります。本物のような仕上がりで、人工芝の機能を最大発揮できるのはロールタイプの方で、高機能品ではロールタイプが多くなっています。