ゴールデンウイークも営業中!
クレジットカードでお支払いできます
春の雑草対策キャンペーン

人工芝の耐久性

人工芝は天然芝に比べると耐久性に優れています。

ただ製品によってその耐久性にはばらつきがあり、

2~3年で芝葉がボロボロになって交換が必要になる場合もあれば、

10年使えるような高い耐久性のある人工芝もあるんです。

ここでは人工芝の耐久性についてまとめてみましょう。

人工芝の耐久性は考え方から

人工芝の性能は素材だけで大きくは変わりません。製品や人工芝に対する考え方が、性能を大きく左右しています。10年使えるように作った人工芝と、安くそれなりのものを求めて作った人工芝は、その性質が全然違っているのです。

人工芝の庭はリアルに見える?

現在のリアル人工芝は本物さながらのリアルさを持っています。芝葉の形状や色などに工夫を凝らし、また防虫や防菌などの人工芝ならではのメリットを付加することで一般的な天然芝以上の使い勝手やメリットを提供できるようになっています。

ドイトで売られている人工芝の素材

ドイトなどホームセンターにおいては、低価格でバリエーションのある商品を置いてますが、選び方や素材の特性を知らないと、思ったような使い方できないものになることもあります。

庭の人工芝が劣化しやすい理由

庭やベランダなど屋外で使っている人工芝は、良いものを使わないとすぐに劣化してしまいます。人工芝も基本的にプラスチック素材で作られていますので、その材質や加工、施工方法によって、寿命が全然違ってくるのです。