ゴールデンウイークも営業中!
クレジットカードでお支払いできます
春の雑草対策キャンペーン

人工芝のDIYはかんたんです

人工芝選びでは、施工時の質問やアドバイス、面倒もよくて対応が良いところなら安心できます。

庭づくりにあった製品を選ぶ必要があっても人工芝ならDIYの施工は難しくないでしょう。

また、販売会社から施工の説明書などをもらえるところなら安心できるので、DIYで人工芝の使用を考えている方は当社製品をおすすめします。

人工芝のDIYははやりです

いま庭づくりなどでDIYが流行っています。
DIYなら人工芝を使った施工も難しくないでしょう。
ただし、DIYでは自分でも施工できるような人工芝を採用しなければ
うまく使いこなせません。
対応が良さそうな業者であるなら、DIYを行うときに安心なものです。
当社で販売している人工芝はDIYで行うことも可能です。

人工芝はリアルなものがいい

人工芝は、もともと天然芝が持っているデメリットを
解決するためにつくられました。
リアル人工芝は天然芝に代わる性能や機能を持っています。

天然芝を使うことで手間やコストもかかっていたところでも
容易に使えるようになるメリットがあります。

そういったことから手入れが楽になる人工芝でも
リアルなものを使うとよいでしょう。
しかし、人工芝は最近になって開発が進んだことから
人工芝が選ばれるようになっているようです。

景観づくりに優れた人工芝「エクスターフ」

きれいな街をいつまでも保つためには作業の効率化を行なう必要があります。

面倒な手入れ作業を必要としない人工芝は天然芝に代わるものとして、景観づくりへの活用が期待されるようになっているのです。

エクスターフをこういった場面で利用することが増えています。

芝生の価格

天然芝よりも人工芝の施工コストは高めになるケースが多くなります。
ですが、人工芝ではイニシャルコストがかかってランニングコストはかかりません。トータルでは人工芝の方が価格が安くなることもあります。

人工芝の値段はどう決まる?

人工芝の値段は製造コストによって決まっています。
値段が高いからといって製品が良いとは限らないので、値段が高いからといって選んではいけないのです。
人工芝選びで失敗しないためには、密度や芝葉の形状、耐久性が高いものを選ぶことが重要です。