ゴールデンウイークも営業中!
クレジットカードでお支払いできます
春の雑草対策キャンペーン

コメリの人工芝と耐久性

コメリなどのホームセンターなどでも人工芝は販売されていて、コストパフォーマンスの良い人工芝を入手できます。しかし、こういった人工芝は耐久性がそこまで高くはないため、使用方法によってはすぐに傷む点に注意が必要です。

庭の芝生を人工芝にするには

庭の芝を人工芝に張り替えるには、芝や雑草を除去し、整地を行い、その上に防草シートをかぶせ、その上で人工芝を敷くという作業行程が最低でも必要となります。それぞれにコツがあり、必要なアイテムもありますので、専門業者を活用するのも一つの方法です。

人工芝マットはどこで使われる?

人工芝のマットは、高性能で高耐久なものほど様々な用途で利用することができます。庭に敷く以外にも、多くの施設での導入が進んでおり、インテリアやガーデニングへの活用や、店舗のディスプレイなど様々なところで使われています。

人工芝の耐用年数について

耐用年数は商品によって様々に違いますし、その使用用途によってもかなり違ってきます。税法上は人工芝の芝葉などの耐用年数は10年となっていますが、当社のエクスターフは10年保証を実施しているように、高い耐久性が機能性と共にウリとなっております。

人工芝にすると虫はどうなる?

人工芝を庭に使っている場合、防草シートなどを使用するので、虫たちの生息環境を奪うこととなり、虫などは減少します。しかし、一部の虫に対しては必ずしも効果があるとは言い切れないので、防虫対策は別途必要となるでしょう。

人工芝でサッカーがしたい

芝でサッカーをしたいという人も多いですが、人工芝はサッカー場にも使われています。天然芝と違ってはがれたり雨で泥だらけにならないメリットがあります。ただし、スポーツ競技に耐えうる耐久性が必要となりますので、性能の高い人工芝を選ぶ必要があります。

人工芝のロールタイプとジョイント式

人工芝は大きく、ジョイント式のマットとロールタイプのものに分かれますが、それぞれに特徴があります。本物のような仕上がりで、人工芝の機能を最大発揮できるのはロールタイプの方で、高機能品ではロールタイプが多くなっています。

人工芝のデメリットは補うもの

人工芝のデメリットは、初期費用の高さや、夏は熱をためこんでしまって熱くなるなどの点にあります。しかしいずれも工夫次第で改善が可能ですし、メリットの方が多いため利用しない手はありません。

ベランダの人工芝のポイント

ベランダに人工芝を設置する際には、いかに良い人工芝を選ぶかがポイントになります。機能性の低い人工芝を選ぶと、すぐに悪くなり、張り替えのサイクルが頻繁になって大変です。当社のエクスターフは高機能・高耐久で、ベランダに導入されたお客様からも好評です。