ゴールデンウイークも営業中!
クレジットカードでお支払いできます
春の雑草対策キャンペーン

犬は冬になると人工芝を喜ぶ

冬場は屋内外で人工芝がペットのために活躍します。寒い冬は直接的な冷たさを感じない人工芝に自然と寄ってくるようになります。人工芝はすぐに設置できないこともあるため、本格的な冬のシーズンが来る前に準備しておきましょう。

庭の人工芝施工はDIYも可能

人工芝の設置はDIYで行うと安くなります。ロールタイプの人工芝なら比較的簡単に良い仕上がりにすることができます。下準備と固定について注意しておくとよいでしょう。人工芝DIYアカデミーでノウハウを紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。

カインズの人工芝を選ぶ前に

カインズの人工芝については、見栄えもよく、お手頃な商品である反面、実用性という点では、使いどころが限られます。特に耐久性に関しては様々なサポートやメンテナンスが必要となるでしょう。耐久性のあるタフな人工芝なら、当店にお任せください。

人工芝で大事な芝葉の密度

人工芝は、芝の力によって様々なものを支えており、そして芝によって基布を守っているということができます。そのため、密度はそのまま耐久性に比例し、また品質の維持力に関係しているものです。芝葉の密度において自信があるのが、当店の10年保証の高耐久人工芝「エクスターフ」です。

人工芝でドッグランを作ろう

人工芝のニーズのひとつにドッグランがありますが、ドッグランに使われる人工芝は、見た目以上に、その機能性を重視して選ぶ必要があります。見た目はどんなに青々とした芝に見えていても、それだけではペットは喜んでくれません。当店のエクスターフはドッグランにも最適な機能を備えています。

バローの人工芝もいいけれど

東海地方のホームセンターバローの人工芝は使い心地は良いと思いますが、やはりプロ仕様の人工芝と比較すると、その耐久性は弱いと見えます。人工芝の耐久性は素材やパイルの作りや密度、生地の作り、そして施工の技術など、様々な要素で決定してくるものです。プロ仕様の人工芝は安心です。

保育園・幼稚園でも人工芝が活躍

今は保育園や幼稚園でも子供たちの遊ぶ園庭が減ってきていますが、室内だとしても使える人工芝を使って遊ぶ場所を作ることができます。多くのメリットがあるため、導入する園も増えており、当店も多くの実績がありますので、ご相談いただければと思います。

ドッグトレーナーの中で人工芝が注目される理由

ドッグトレーナーの間でも人工芝への関心が高まっていますが、それは人工芝の性能が高いということもありますがそれだけではなく、本番の競技大会の会場などでも人工芝が使われることが増えているからです。日頃から人工芝に慣れておくことで本番もハイパフォーマンスが期待できるようになります。

ケーヨーデイツーの人工芝はどうなの?

関東圏のケーヨーデイツーもオリジナル人工芝を販売しており、毛足の長さとグリーンの気持ちよさ、そして低価格をウリにしています。室内向けとしては良い商品ですが、屋外で使うには耐久性に心配があります。屋外ではエクスターフのようなプロ仕様の人工芝をおすすめします。

自宅のドッグランにエクスターフ

自宅のドッグランにも人工芝は最適です。犬や猫の肥満も増えてきていますが、硬いコンクリートよりも人工芝のような柔らかい地面でこそペットも運動をしたくなるものです。エクスターフはドッグランに最適な性能を多く備えています。