人工芝の雑草対策での注意点

人工芝の雑草対策での注意点

 
人工芝施工
 
きれいな芝を見ると気持ちもよくなります。
芝を使った庭であるならまわりまできれいにしているようにも見えます。
このように、庭がきれいに見えるのは、
芝のみどりが鮮やかであって、いつも管理が行き届いているから
といってよいかもしれません。

庭に使う芝の多くは、自然素材を使った天然芝です。
天然芝は、自然素材はもつナチュラルな風合いがあることから、
庭に使っているときは大変心地よくしてくれる効果があります。
天然芝は、メンテナンスやお手入れが面倒で、
そのための手間やコストがかかってもきれいな芝の庭がつくれるので、
長く天然芝を使うというところがたくさんみられます。

しかし、芝を管理する人がいなくなった庭では、
天然芝のメンテナンスやお手入れがおろそかとなって
庭が汚くなっているというところもよく見かけます。
このような庭の場合、天然芝ができなくなっているといってよく、
もはや人に見せられる庭ではなくなっているといってよいでしょう。

このような庭では、たとえば、芝が伸び放題でそろわなくなり、
雑草まで延びて芝の中に混入しているという状態で、
枯れているところや変色しているところもあるのです。
つまり、天然芝の場合、庭の管理を放置すると、とんでもないことになってしまいます。

最近は、庭に管理ができない人のために、開発された
といってよいような人工芝があります。
これは、リアル人工芝というもので、見た目が本物のようにリアルなため、
天然芝に代わることができる製品として注目されています。
リアル人工芝を使うと、天然芝が持っていた
さまざまなデメリットを解決することができます。
人工芝では、芝が伸びず、水をやることや肥料を与える必要もありません。
このことから、かなり人工芝を使うと、メンテナンスが楽になることがわかります。
 
庭の人口芝
 
天然芝と比べても人工芝が便利な製品であるので、
いままで天然芝で困っていた人も人工芝に代えてみようとする人が増えているようです。
はっきりいって天然芝を使うよりも人工芝を使うほうが楽になります。
また、天然芝を使ってきた人が心配していた外観や使用感などについてですが、
これらについては、見た目がよくなり、
使い心地についても天然芝に同じようであるため、十分天然芝に代わることができます。

ただし、人工芝を使うときは、製品選びや施工についても注意しないといけません。
天然芝に代わる機能を求めるなら、
高品質で高性能の人工芝でなくてはならず、
施工はきちんとしないと仕上がり感は向上しないでしょう。

庭に使える高品質で高性能な人工芝とは、
人工素材を使っていてもナチュラル感を再現できていることや
ちょっとの衝撃では壊れないといったような耐久性、
長くきれいな状態で使える高寿命の人工芝ということになるでしょう。
パイルには、断面加工を施して基層部分にはクッション性のある構造とするなど、
全体的に強い芝であることが必要です。
 
人工芝
 
そして、人工芝はしっかりと施工してしないと不具合が起きてしまい、
人工芝本来の機能や性能を発揮することができないので、
施工では、まず、石など取り除いてきれいに平にするように転圧機で整地します。
このあとに雑草が生えないように雑草対策を行いますが、
この対策では、雑草が伸びて芝を傷めたり、壊れないように施工する必要があるのです。
 
人工芝施工前の整地
 
さらに、人工芝の雑草対策では、防草シートを敷きます。
この作業で注意することは、整地の際に草や根を残さないように施工することです。
そして、きれいに防草シートを敷かないと、
雑草が出てしまい、人工芝を盛り上げてたり、突き抜けて壊してしまうこともあります。
こうなると、修理や取り換えのためのコストがかかってしまうので、
雑草対策にはしっかりと施工することに注意したほうがよいでしょう。

人工芝専門会社のフィールドマジックは、自社スタッフが施工します。
ベテランのスタッフによる施工はしっかりとした芝に仕上げるため、
雑草対策も万全です。
フィールドマジックなら長くきれいな人工芝が施工できることを保証します。