人工芝のDIY作業手順

人工芝のDIY作業手順

整地の様子

人工芝の設置作業をDIYで行うのであれば、
できれば整地と設置の作業は別日にした方が良いです。

一日作業で終わらせるとなると、
それなりの人手が必要になります。

ざっと大まかな流れを確認してみましょう。

防草シートを敷く前に、まずは整地を行います。

土の上に人工芝を貼る場合には、
庭の雑草などを取ってから整地をしましょう。

透水を保つために人工芝は穴が空いていて、
そこから光や水はどうしても漏れます。

そのため、防草シートを下に敷くのが一般的です。

土の上に防草シートを敷く場合は、
構造物の所に少し余らせてかぶせるくらいにします。

余りをかぶせて固定しておいて、後できれいにカットします。

そしてピンで止めていきますが、
上から人工芝も敷いてしっかり止めますので、
仮止め程度で考えておいて大丈夫です。

人工芝の美しい庭

上から人工芝を敷く場合、
防草シートの上から直接敷いてしまってOKです。

スタート位置を决めて、どんどん敷いていきます。
ロールタイプだと転がすだけですので、
転がしていて楽しいです。

端の位置をしっかり决めてピンで固定します。

今回は防草シートも一緒に固定させますので、
しっかりと打ち付けるようにしましょう。

 

▽▽▽注文殺到中の人工芝を今だけ無料サンプルはこちら▽▽▽

 

人工芝通りが隣り合う所については、
U字ピンが継ぎ目の部分をまたがるように打ちます。

何かモノの近くに人工芝を敷く場合も、
防草シートの場合と同様に、ちょっと大きめにしてかぶせ、
その後で精密にはカットします。

ピンは打てませんので、両面テープや接着剤を使います。

なお、接着剤で止める場合は、後で剥がす時のために、
どの種類の接着剤を使ったか記録を残しておいてください。

リムーバーは接着剤の種類によって違いますから、
記録がないとなかなか取れなくて大変なことになります。

人工芝を敷く場合は、芝葉の向きに注意してください。

芝目をしっかりそろえておかないと、
不自然さが目立ってしまいます。

人工芝を敷いたら、デッキブラシなどで葉を立ててあげます。

ここまでやってDIY作業は完成です。

なかなか時間がかかりますので、
作業時間はしっかり確保しておきましょう。