人工芝はアリ

人工芝の耐久性

人工芝は天然芝に比べると耐久性に優れています。

ただ製品によってその耐久性にはばらつきがあり、

2~3年で芝葉がボロボロになって交換が必要になる場合もあれば、

10年使えるような高い耐久性のある人工芝もあるんです。

ここでは人工芝の耐久性についてまとめてみましょう。

人工芝の選び方は難しい?

初めて人工芝を購入するとなった時、選び方ってほとんどの人が知らないでしょう。

素人からするとどの人工芝を選んでも同じだろうと、値段だけで決めがちですが、

そのような選び方ではよい人工芝と巡り合うことはできません。

人工芝選びはなんだか難しいと思ってしまうかもしれませんが、

選び方のポイントを抑えておけば人工芝選びに失敗することはありませんよ。

ここでは人工芝選びのポイントをまとめてみますね。

人工芝生は手入れがいらない

芝生と聞くと、お手入れが大変そう…

そんなイメージを抱く方が大半でしょう。

たしかに生きた芝生をお庭に敷いた場合、水やりをしなければなりませんし、

雑草が生えてくれば雑草抜きをしなければなりません。

芝葉が伸びてきたら芝刈りも必要でしょう。

枯れてしまったら新しい芝生を張り替えなければなりません。

これだけ聞いていても、芝の手入れってすごく大変ですよね。

人工芝のdiyはこわくない

人工芝は業者や施工会社、販売店などから購入する方法以外に、100円ショップや

ホームセンターなどで自ら購入することもできます。

またアマゾンや楽天などのオンラインショップで購入することもできるでしょう。

自分で購入した場合、人工芝の設置がネックとなりますが、実は人工芝の設置は

それほど難しい作業ではありません。

普段からdiyをする人であれば、全く問題なくできる作業でしょう。

ここでは人工芝のdiyについてまとめてみますね。

人工芝のベランダは気持ちいい

ベランダに人工芝を敷いたら気持ちよさそう…

そんなイメージを抱いている方は多いはず。

ただの殺風景なベランダが人工芝を敷くだけで一気におしゃれなスペースへと

早変わりします。

ここではベランダに人工芝を敷くメリットや注意したいポイントをまとめて

みましょう。

人工芝ロールの扱い方

天然芝に比べて設置する場所を選ばず、メンテナンスもラクチンなことから人気急上昇中なのが人工芝です。人工芝にはロール状タイプのものとジョイント式のマットタイプ(タイル状)のものがあります。どちらもメリット、デメリットがあるものの、人工芝を選ぶのであればロール状がおすすめです。では、なぜ人工芝はロール状の方がよいのでしょうか?その理由と、人工芝ロールの扱い方をまとめてみましょう。

人工芝の価格に騙されない

人工芝に値段はピンからキリまであります。

安い人工芝であれば、1平米2000円前後から販売されていますし、高額な人工芝に

なると1平米あたり10000円ほどするものもあります。

これほどまでに値段に差があるので、どの人工芝を購入すればよいか迷ってしまう

かもしれません。

人工芝の施工方法

人工芝は汚れも付きづらく、水やりや肥料まき、芝刈りなども一切必要ないので、

本当に手入れがラクチンです。

そのため、近年では天然芝よりも人工芝の方が人気を集めており、たくさんの

人工芝製品が販売されています。

人工芝人気は増えていくものの、どうやって施工しているのかを知っている人って

実はまだまだ少ないんです。

人工芝の施工は難しいのでしょうか?簡単なのでしょうか?

人工芝の値段はわかりにくい

人工芝は天然芝に比べると値段が高いという知識はあるものの、

人工芝の値段がどれくらいのなのかを知っている人って少ないんです。

人工芝を設置する時には、天然芝との値段を比較しがちですが、人工芝の中でも

商品によってその金額はまちまち。

リーズナブルな人工芝もあれば、高額なものもあるのでピンからキリまでです。

ここでは人工芝の値段についてまとめてみましょう。

人工芝の庭はペットも喜ぶ

庭に人工芝を敷く理由は人それぞれですが、家でペットを飼っているから

人工芝を敷きたいという人は非常に多いです。

人工芝を敷けば、ペットは芝の上を走り回ることができますし、

足への負担も軽減できます。

ここでペットにおすすめの人工芝についてまとめてみましょう。