人工芝は天然芝と見間違う

ここ最近発売されている人工芝は「リアルさ」にこだわったものが多く、

本物と見間違えてしまう製品が増えています。

ひと昔前の人工芝は、プラスチックの塊のようなお粗末なデザインのものが

多かったのですが、「リアル人工芝」のように本物の天然芝に似せた人工芝の

クオリティは非常に高いです。

ここでは見間違えるほどのリアルさが魅了の人工芝についてまとめてみましょう。

 

 

1、本物そっくりなリアルな見た目の人工芝

2、性能にもこだわった人工芝

3、まとめ

人工芝テラス

 

1、本物そっくりなリアルな見た目の人工芝

人工芝と聞くと、偽物っぽいイメージはありませんか?

最近の人工芝は本当に驚くほど、天然芝に近い作りになっているんです。

以前の人工芝は芝葉の数が少なく下地が見えてしまうほどでした。

しかしリアルさを追求した人工芝は、芝葉の密度が高く、それに伴って

クッション性もアップ。

 

 

フィールドマジックの人気シリーズであるエクスターフは1平米あたり22050本、

グランターフやキンダーターフでは1平米あたり25200本の密度を誇っています。

この密度の高さは、国内トップクラスなんですよ。

密度が高く、クッション性もあるのでふっかふかで素足で歩いてもとっても

気持ちいいです。

 

 

また芝葉の長さも以前に比べると長くなりました。

芝葉が長いとよりリアル感が出るので、天然芝と見分けがつきにくくなりますよ。

色合いに関しても、以前の人工芝は緑一色でした。

色が一色なので、枯れた部分があったり緑の部分があったりまだらな色合いの

天然芝と比べると、どうしてもフェイクっぽさが出てしまっていました。

 

 

しかし、枯れた芝の色に近づけるために緑の芝に茶色の芝を混ぜるなど、

グラデーションを付けることで本物らしさが感じられるようになったんです。

肌触り、質感、見た目、色合いどれをとっても、現在の人工芝は天然芝に

劣らないリアルさを感じられるはずですよ。

倉庫

2、性能にもこだわった人工芝

人工芝の魅力は、天然芝のようなリアルな見た目だけではありません。

性能にもこだわった製品がたくさんあるんです。

 

 

例えばフィールドマジックで販売しているドッグラン用のグランターフでは、

ペットがおしっこやうんちをしてしまった時にも臭いなどが気にならないように

抗菌、防臭機能がついています。

防臭効果のある成分が芝葉の中に練りこまれているので、きちんと臭いをカット

してくれます。

 

 

また幼稚園や保育園の園庭におすすめのキンダーターフは、抗菌防臭機能の他に、

芝の根元にカールを付けることで弾力性をアップさせています。

弾力性があるので子供が走り回っても足への負担が少ないですし、こけた時にも

怪我をしなくてすむのです。

 

 

人工芝は水やり、草むしり、芝刈り、肥料まきなども一切必要ないので、

天然芝よりも手軽に利用でき、高性能の製品が多いのでメリットが多いですよ。

人工芝のある家

 

3、まとめ

人工芝は天然芝と違って、メンテナンスもほとんど必要なく、耐久性もあるので

とても優れています。

なおかつ高性能な製品もたくさんありますし、用途に合わせた人工芝を選べば

快適に使えるでしょう。

 

 

見た目も、天然芝のようなリアルさを追求したリアル人工芝をチョイスすれば、

本物の天然芝と見間違えてしまうほどですよ。

フィールドマジックではサンプル請求をしていますのでお気軽にお問い合わせ

下さいね。