人工芝は天然芝と見間違う

人工芝は天然芝と見間違うほどのリアル感がある

 

最近は街中で天然芝に代わって人工芝を

使うところを見かけるようになっています。

 

人工芝はアメリカではじめて使われてから

50年以上が経つようになり、昔に比べて人工芝を

使うところが多くなっているといってよいでしょう。

 

IMG 2828

人工芝の性能も向上するようになり、庭や公園などでも

人工芝が使われるようになっています。

 

見た目がよくなった人工芝も多く見かけるようになり、

本物志向で作っている人工芝メーカーでは天然芝と

比べても見分けがつかないほどの製品を販売ところがあります。

 

このような製品はリアルな仕上がりが特徴であり、

本物と見間違えるものがあります。

 

人工芝と天然芝は素材としても作り方についても

異なるものですが、人工芝は開発が進んでいることから

見た目だけでなく、性能や機能も天然芝を超えるように

向上しています。

 

いままで人工芝は、天然芝を超えるような

性能を追求することや見た目の良さを追求することにより、

製品を向上させてきたといってよいでしょう。

IMG 2834

そして、今では人工芝は天然芝と見違えるほどの

製品も現れるようになったといってよく、

屋外はもちろんのこと、屋内でも自由に使える製品に

人気があります。

 

人工芝は、基層部分に吸水性とクッション性を

持たせた製品があり、このような人工芝では

水はけがよいので、競技場や歩道などで

使われるようになっています。

 

また、人工芝は芝葉を表現するパイルを採用していますが、

リアル人工芝では風になびくようなナチュラル感を持つ

パイルを使った人工芝があります。

 

自然素材を使ったようなパイルは特殊な加工を

行うことにより、踏んでもすぐに戻る天然芝のような

雰囲気を作り上げているものがあります。

 

IMG 2841

さらに、人工芝の中には、枯れ葉やお花をちりばめることで

リアルに表現するような人工芝もあります。

 

このような人工芝は天然芝と見間違えるように仕上げているため、

庭や公園などでは、本物の芝と区別がつかないほどの

リアル感を持っています。

 

フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

クレジットカードでお支払いできます