人工芝の耐久性

人工芝の耐久性

 

 

 

芝を使う庭は大変きれいです。

芝は庭の仕上がり感を向上させてくれることでしょう。

庭をどのように仕上げたらよいのか迷っている人に
芝の活用は非常に役立ちます。

 

1IMG_1334.JPG

芝には天然芝と人工芝があります。

どちらも庭をきれいにできる素材であるので、
どのような庭にも使うことができる素材です。

特に芝が重要な役割を果たすガーデンであるなら、
よいものをつくることができます。

また、天然芝に代わって使われるようになった人工芝ですが、
人工芝は見た目がよくなっているばかりか、
性能や機能が向上していることから耐久性についてもよくなっています。

人工芝であるならどこでも使えるようになるので、
長く芝を使う必要があるところではよく採用されています。

耐久性のある人工芝は、芝の種類によって異なり、
芝葉の形状と密度で決まります。

人工芝の耐久性は芝葉となるパイル部分と基層部分が
丈夫でないとよい製品とはいえません。

 

1IMG_0778.jpg

パイル部分の耐久性を向上させるために
素材としてナイロンなどを採用しています。

このような素材はリアル感のある雰囲気をつくりだすほか、
変色や変形もしません。

また、耐久性のある人工芝の場合、
パイルがV字、U字、C字、W字のような形状をしているものが多く、
この特殊加工によりパイルの復元力を得ることに成功しています。

これは、短冊状では得られない性能であり、
芝葉に耐久性を与えるものとなっています。

さらに、芝の耐久性は耐用年数が
よいことも関係しているといってよいでしょう。

人工芝の耐用年数は、芝葉の形状と密度で決まります。

耐久性の高い人工芝は下地が見えないものであるので、
密度が低い人工芝であるなら耐久性が劣っているといわれています。

 

1IMG_3191.JPG

密度が低い人工芝は下地が見えていることが特徴です。

そういったことから、人工芝の耐久性とはパイルに
特殊な加工を行ったもので芝の密度が高いものといってよいでしょう。

耐久性のよい人工芝は寿命が長く、
天然芝よりも長く使えるようになります。

 

フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

 

wpid-sample02-300x92-2014-05-8-18-08.gif