ゴールデンウイークも営業中!
クレジットカードでお支払いできます
春の雑草対策キャンペーン

人工芝の芝葉の強度

人工芝の耐久性、特に芝葉の強度を決める要素に、芯の有無と芝葉の形状があります。これについては、それぞれ一長一短がありますが、当店のエクスターフではいいとこ取りのC型(U型)の形状で芯なしの芝葉とし、密度を高めることで強度とクッション性を保っています。

洋風住宅には人工芝

今は新築の住宅は洋風が主流ですが、特に最近のモダンなスタイルの住宅になると、より一層庭は芝が似合う形になっており、人工芝を導入される方が多くなりますが、その際には人工芝選びは大切になります。

ドイトで売られている人工芝の素材

ドイトなどホームセンターにおいては、低価格でバリエーションのある商品を置いてますが、選び方や素材の特性を知らないと、思ったような使い方できないものになることもあります。

庭の人工芝が劣化しやすい理由

庭やベランダなど屋外で使っている人工芝は、良いものを使わないとすぐに劣化してしまいます。人工芝も基本的にプラスチック素材で作られていますので、その材質や加工、施工方法によって、寿命が全然違ってくるのです。

カインズの人工芝で満足できる?

本当に良い人工芝というのは、最初だけが話題になるのでなく、時間が経過してから価値がわかるようになります。長く使っても変わらずに美しさや性能が発揮される、そういう人工芝こそが理想的な人工芝です

ドッグランにエクスターフを使おう

ペット用に安心して使える人工芝というのは、実はそれほど多くありません。ドッグランに使われる人工芝は、見た目も大事ですが、その機能性に加え、傷みやニオイに強い人工芝を選ぶ必要があります。

ペットホテルで増える人工芝

ペットホテルでの人工芝は多くのペットが日々使うため、耐久性や、防菌、防臭などの機能が求められます。動物によっては芝葉を食べたり引っ張ったり、強い材質が必要となります。ペットの訓練施設にも当店のエクスターフはよく使われております。