人工芝の選び方

人工芝はどう選べばいいの?

 

天然芝に代わるものとして広く使われるようになった

人工芝ですが、人工芝にはたくさんの製品があります。

 

人工芝の歴史は浅く、最近になって天然芝のデメリットを

克服するために開発が進んだものとして知られています。

 

人工芝でも用途に合わせてパイルが短いものから

パイルが長いものがあります。

 

IMG 3159

 

人工芝の場合、価格や性能、機能、外観についても

さまざまなものがあることが特徴で、天然芝を超えるような

見た目や耐久性を追及した製品も

たくさん見られるようになっています。

 

見た目の良い人工芝の場合、天然芝に代わる

リアル感が評価されているため、庭などに

よく使われています。

 

リアル感の高い人工芝は価格についても

高めであることが特徴です。

 

そのことから、人工芝選びでは、価格がよいものであるなら

良い製品が見つかるのではないかと思いがちですが、

人工芝については、価格が高いからといって

よい製品であるとは限りません。

 

たとえば、人工芝の性能は使う場所によっても異なっています。

芝の密度や芝葉の状態などによって違うものです。

 

IMG 3161

 

人工芝は水はけやクッション性といった

機能性の高さも重要とされています。

 

人工芝を選ぶときは、このような性能や

機能性で選ぶことがよく、決して価格で選ぶことは

避けなければなりません。

 

よい製品は、リアル感が高くて本物との区別がつかないものですが、

この点については注意が必要です。

 

価格の高い人工芝であっても外観が重視されたものでは

機能面において劣っていることがあるのです。

 

見えないところで性能がよくないものがあるので、

人工芝は価格だけでよいかどうかといったことを

判断してはいけないといってよいでしょう。

 

本当によい人工芝とは基層部分とパイル部分において

しっかりと作られています。

 

IMG 3155

 

クッション性や水はけ機能、ふんわりとした性能などを持ち備えています。

天然芝を超えるような本物と区別がつかない人工芝は、

他の人工芝と差別化できるので価格が高くても

高性能な製品といってよいでしょう。

 

これを理解していると価格相応の性能と

機能をもつ人工芝を選ぶことができるはずです。

 

 

フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

wpid-sample02-300x92-2014-05-8-18-08.gif