人工芝とは

天然芝と変わらない人工芝

 

一般的に庭の芝には、自然素材でできた天然芝と

人工素材でできた人工芝が使われています。

天然芝は従来広く使われていたもので、

庭や公園などで採用されてきました。

 

天然芝はナチュラルな印象があるため、

きれいな庭などを作りだすことができる方法です。

IMG 1154

しかし、天然芝には欠点もあります。

天然芝は、自然素材でできているゆえに

傷みやすくて枯れやすく、寿命も短いとされています。

 

また、定期的な張り替えが必要となるため、

張り替えの時期が来るたびにコストや手間が

かかるようになります。

 

このように天然芝の場合、庭などに使っていると

メンテナンスが大変です。

 

長くきれいな状態を維持するには

きちんとした管理が必要になるといってよいでしょう。

 

そういったことから、最近は管理が容易な

人工芝を選んで庭などに使うという人が増えています。

 

人工芝は、天然芝とは違って一度設置してしまうと

しばらく張り替える必要がありません。

IMG 1149

人工芝は20年以上もつというものも多くあります。

 

これは、数年で張り替えを行う天然芝と比べて

寿命が長いものとなるものですが、人工芝は

自然素材では得られない耐久性の高さがいつまでも

芝をきれいにしてくれています。

 

また、人工芝の場合、見た目の良さが向上しているので、

観賞用として広く使われるようになっています。

 

本物のような仕上がりを持つリアル人工芝の場合は、

天然芝と見間違える仕上がり感を得ることができます。

 

さらに、人工芝の中には手触り感がよいものや

使用感がよいものもあります。

 

このような人工芝はスポーツに適しているので、

競技用としても使えることが人気となっているようです。

 

現在、人工芝は昔に比べてさまざまなところで

製造されるようになり、その性能や機能は非常に

向上するようになっています。

 

外観上、天然芝との差がなくなるほどの性能が

向上しているので、人工芝はメリットの多い製品です。

 

人工芝は、これからもますます天然芝を超えるような

性能と使用感をもつ人工芝が販売されることが期待され、

デメリットが少ない製品として活用されるようになっています。

 

 

フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

クレジットカードでお支払いできます