人工芝のマットは気持ちいい

コンクリートや砂利のお庭よりも芝が敷き詰められたお庭の方が

気持ちいいでしょう。

特に最近では、天然芝に変わって人工芝の人気が急増しています。

ここでは気持ちいい肌触りが人気の人工芝についてまとめてみましょう。

 

1、クッション性のある人工芝は気持ちいい

2、プラスチック素材でも肌触りのよい人工芝はある

3、まとめ

 

 

1、クッション性のある人工芝は気持ちいい

庭は家によって様々で、砂利の庭もあれば、土の庭、コンクリートで舗装された

庭もあるでしょう。

色々な素材の庭がある中でも、芝を敷いたお庭は一番気持ちがよいといっても

過言ではありません。

 

芝のよいところは、青々したその美しい「見た目」と座ったり歩いたりした時に

感じる心地よい「クッション性」でしょう。

土やコンクリート、砂利の地面を歩いても、気持ちいい、楽しいと感じる人は

少ないですが、芝の上を歩くとなんだか気分がよくないですか?

土であれば裸足は抵抗ありますが、芝であれば裸足で駆け回っても気になりません。

特に小さいお子さんがいるご家庭やペットを飼われているご家庭では、

天然芝や人工芝などの芝をチョイスする例が増えています。

 

 

クッション性、心地良さで考えると人工芝よりも天然芝の方が優れていますが、

メンテナンスなどを考えると断然人工芝がおすすめです。

天然芝は水やりが必要ですし、肥料まきや草刈り、雑草抜きなども

しなければなりません。

 

 

さらに天然芝は日が当たらなければ枯れてしまいます。

ガーデニングや土いじりが趣味な方であれば、天然芝でも問題ありませんが、

できるだけ楽したいという方であれば人工芝をチョイスするべきでしょう。

人工芝は土がなく、日が当たらない室内や日陰に敷いても枯れることがありません。

またフェイクですので水やりも肥料まきも必要ないのが嬉しいですね。

 

2、プラスチック素材でも肌触りのよい人工芝はある

人工芝はポリエチレンなどの化学繊維でできているので、天然芝に比べると

どうしても肌触りが悪いのでは?というイメージを抱いてしまいます。

実際、ひと昔前の人工芝は、見た目もフェイク感が強く、

肌触りもプラスチックのような硬いものが多かったです。

 

 

しかし、ここ最近ではお手入れ要らずで耐久性もある人工芝の人気が高まり、

たくさんの高機能な人工芝が開発されています。

そのため、以前では肌触りの悪かった人工芝ですが、今ではリアルな天然芝と

比べても劣らないほど触り心地が良くなっている製品も登場していますよ。

手触り、肌触りの柔らかい人工芝であれば、裸足で歩いても痛くなく快適です。

 

また固くなく、しなやかな肌触りであれば、人工芝はへたれにくく、

長持ちしやすいでしょう。

天然芝の場合、芝がはがれやすく冬場は芝が枯れてしまうことが多いので、

クッション性を安定的に楽しむことができません。

人工芝であれば、季節に関係なく品質が安定しているので、クッション性は

維持しやすいですよ。

 

3、まとめ

人工芝のクッション性は芝葉(パイル)の密度や長さによって変わります。

芝葉の密度が低いものだと、芝葉が抜けたり、芝葉が寝たりして下地が見えて

しまうこともあり、そうなるとクッション性はほとんどありません。

 

 

また紫外線に当たると芝葉が固くなって折れたり、ちくちくしたりして、

肌触りが悪くなることもあるでしょう。

人工芝専門業者であるフィールドマジックでは、UV効果のある成分が

練りこまれた人工芝もあります。

高い耐久性とクッション性を実現した、踏み心地、触り心地にこだわった

良質の人工芝を取り揃えているので、気持ちのよい人工芝マットをお探しの方に

おすすめです。

クレジットカードでお支払いできます