休まず営業中
夢の園庭プレゼント

人工芝はお手入れ楽ちん!誰でもできる簡単お手入れ方法とは

天然芝ではなく人工芝を敷くということを決断する大きな決め手の1つ。それは、天然芝と比較して人工芝は圧倒的にお手入れが楽だということ。ご存知の通り、天然芝はお手入れにとても時間がかかります。お手入れを怠ると…・雑草がぼうぼう・芝がはげた・芝が枯れたなど、とても人には見せられないお庭になってしまいます。その点、人工芝は芝の手入れなんてする時間がないという人や、天然芝を敷くことができないような日当たりの悪い庭に最適です。今回は、そんな人工芝のお手入れの方法についてご紹介します。

天然芝vs人工芝 -敷くならどっち?-

天然芝vs人工芝 −敷くならどっち?
念願のマイホームを手に入れたら、あなたはお庭をどうしたいですか?
せっかくなら、きれいなお庭を手に入れたいと、天然芝を敷こうと思う人もいるのではないでしょうか?多くの庭や公園では芝が使われており、芝を敷いた庭はきれいなため人気です。さて、この記事では庭や公園、幼稚園の園庭などいろいろなところに芝生を敷きたい人のために、天然芝と人工芝の特徴について紹介します。

人工芝と天然芝ではランニングコストが違う

理想の庭を作るために、最近は人工芝がよく使われています。天然芝のように水やりや草刈り、防虫などのコストがかからないため、ランニングコストでは圧倒的に人工芝が安くなります。初期費用も安くなってきているので、理想の庭づくりにお役立てください。

きれいな庭には天然芝よりリアル人工芝

天然芝は天然芝の特有の性質により、イレギュラーが多く、庭造りのデザインを崩す可能性があります。人工芝は加工が簡単で場所を選ばないことから、デザインした庭を正確に再現できるため、外構工事でも多く使われています。

人工芝なら場所を選ばない

人工芝の利点のひとつに「場所を選ばない」ことが挙げられます。天然芝では、日当たりや土との相性など、考えなければならないことが多く、野外でも自由に使うことができません。土や水を不要とする人工芝ならどこでも使うことができます。

広い庭にはエクスターフ

施行する面積が広くなるほど、天然芝は環境の要因によるランダムな生育が生じ統一感のない庭になっていきます。人工芝は面積が広くなっても統一感のある外観を保つことが可能な他、メンテナンスを楽にするなどの特徴があります。

天然芝よりもデメリットが少ない人工芝

天然芝のデメリットを補うために作られた人工芝には、デメリットは本物ではないというくらいしかありません。用途も広く、耐久性も高くメンテナンスも楽ですので、今は人工芝を採用するところが増えています。

フィールドマジック社の高級人工芝ロイヤルターフ

人工芝の販売・施工を行なうフィールドマジックでは、手入れが簡単で安全、そして高耐久の人口芝を扱っています。特に高級商品であるロイヤルターフは、品質の高さとともに、プロの施工技術で満足感の高い仕上がりに仕上げています。