スポーツ施設でも使用されるリアルな人工芝

リアルな人工芝

リアルな人工芝は、野球場やサッカー場などのスポーツスタジアムで
よく使われています。

 

t02200146_0521034512406335171

 

 

 

 

 

最近の人工芝では、その形状から人工芝かどうかということは、
なかなか見分けがつかないほどの仕上がりとなっています。

 

リアルな人口芝には、主にロングパイルとショートパイルがあり、
比較的に新しい球場やドームなどでは、後から開発された
ロングパイルが使われているそうです。

 

これは、充填材を使っているため、ショートパイルよりも
クッション性に優れ、天然芝に近いものとされています。

 

ただし、このパイルは、収納や巻き取ることができないということ
から、芝を使用したくないときは、その上にシートを掛けて
使う必要があります。

 

それでもリアルな人口芝は、化合物できているため、天然芝に
比べて維持管理が容易です。

 

たとえば、天然芝では、成長とともに不揃いに伸びることから、
それを揃えるためのメンテナンスや、芝が枯れないように
肥料や水分を補給する必要があります。

 

さらに、天然の芝では、傷がつくと補修する費用や手間がかかったり、
定期的に取り換える必要もあります。

 

また、天然芝は水分を持つため、屋内に設置した場合、
その湿気による結露などをおこすというような問題もあります。

 

しかし、リアルな人工芝の場合は、このような維持管理のために
必要な手間や費用がかかることはないというメリットがあります。

 

さらに、最近では、充填材を多層構造で仕上げているロングパイルが
使用されているため、芝の見た目や使用感において、
天然芝との違いもそれほどなくなってきているとされています。

 

スポーツ施設でも使用されているリアルな人工芝の詳しくはこちら

 

sample02

 

 

 

 

 

 

 

クレジットカードでお支払いできます