人工芝のデメリット

人工芝のデメリット

 

芝を使った庭なら心地良く使うことができるでしょう。

庭づくりでは仕上がり感について迷うことがありますが、
芝を使った場合は庭がしっかりと整うようになります。

そのことから、多くの庭では芝が使われるようになっているようです。

 

IMG_1150.JPG

芝には天然芝と人工芝があります。

どちらの芝も庭をきれいに仕上げるには最適なアイテムとなることでしょう。

天然芝を使った場合、ナチュラルな雰囲気を得ることができます。

自然素材を活かした庭づくりが可能になります。

ただし、天然芝にはメリットもあればデメリットもあります。

天然芝を使うとお手入れが大変です。

芝を刈ったり、雑草をとったり、変色したり、枯れないように
メンテナンスを行う必要があるのです。

このように天然芝はどうしても管理が
大変であることをデメリットとしています。

最近は天然芝の弱点を補うために人工芝の開発が進んでいます。

人工芝は、天然芝では大変であったメンテナンスを楽にしてくれます。

人工芝であるなら耐久性が高いので、庭に使った場合、
長くきれいな状態を保つことができるでしょう。

また、人工芝は、一度敷くとほとんど手入れというものを必要とはしません。

手入れが必要になっても簡単な掃除を行うぐらいです。

人工芝であるなら天然芝がもつデメリットを
克服することを可能にしてくれます。

今販売されている人工芝はほとんどデメリットがないので
製品として使いやすくなっています。

このように人工芝の場合、多くのメリットがありますが、
デメリットがまったくないというわけではありません。

 

IMG_1227.JPG

人工芝は、価格が高いことが難点の一つとされています。

人工芝の場合、天然芝よりも設置費用が高くなります。

また、人工芝では選び方を間違うと後悔してしまうこともあります。

価格や見た目にとらわれて選んでしまうと、
性能や機能が十分でないということもあります。

たとえば、価格のわりに耐久性のない製品が見られます。

このような製品は、人工芝のデメリットになりかねないともいわれています。

 

フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

 

wpid-sample02-300x92-2014-05-8-18-08.gif