リアルな人工芝の特徴

リアルな人工芝のいいところ

 

人工芝の特徴は、

なんといっても
芝が伸びないために、刈り取る手間がないことです。

 

また、
気候や温度、湿度などの影響を受けることもありません。



また、
天然芝のように枯れることはないし、変色することもありません。

t02200165_0800060012387204008

 

 

 

 

 

人工芝の種類には、ショートパイルと

ロングパイルがあります。

 

ショートパイルとは、短いパイルで構成した

人工芝のことで、マットによってクッション性を与えたパイルのことを

指していいます。

 

そして、ロングパイルは、パイルの長いものをいい、充填材を多層構造で

仕上げたものといいます。

 

ロングパイルの場合は、芝の見た目や使用感において、天然芝に

近いとの違いものとなっています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「販売・施工10万㎡突破キャンペーン」実施中!

業界初!

10年保証×10年後無料で新品にリニューアル

詳しくはこちらから!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これは、重点材とクッションにより、巻いて収納することができないため、

芝を使わないときは、シートなどを掛けるように使われることになります。

 

ショートパイルの改良型であるロングパイルは、多重構造などによる

性能と充填剤によるクッション効果を向上しています。

 

 

そこで、巻き取る必要のないサッカー場などで多く用いられています。

 

 

ロングパイルは、野球場でも使われています。

 

ロングパイルでは、天然芝のようなクッション性を実現することから、

メンテナンスを必要としています。

 

 

それでも人工芝のロングパイルでは、天然芝に比べて、

手間やコストを少なくすることができます。

 

 

人工芝では、天然芝のように肥料や水を与えるというようなことはありません。

そして、コンディションを保つための管理費用も不要となります。

 

 

そこで、人工芝では、天然芝ほど手を掛けるようなこともなくなります。

 

 

また、ロングパイルでは、充填剤とその重さによって巻き取ることができない

ために収納は困難ですが、ショートパイルでは、巻いて持ち運ぶことや

収納することが簡単です。

 

 

このタイプでは、家庭のガーデニングで使われることが多くあります。

 

また、人工芝は、天然芝のような水分を持たないため、屋内でも気に

せずに使うことができるというメリットをもっています。

 

 

10年保証×10年後無料リニューアルキャンペーンを開催しています。

 

お申込締切まであとわずか!! お急ぎ下さい!!

 

スクリーンショット 2015 06 25 9 59 27

 

 

リアル人工芝の詳しくはこちら

sample02

クレジットカードでお支払いできます