エクスターフを使ったときの仕上がり感

エクスターフを使ったときの仕上がり感

人工芝の庭

きれいな街の多くは、公園や家の庭などに芝を敷いているようです。
最近の芝の中には、人工芝を使うところも多くなったようで、
中には天然芝と見分けがつかないものまで見られるようになっています。

人工芝であっても仕上がり感がよいものなら、
天然芝同様の雰囲気を楽しむこともできます。
このように本物みたいな雰囲気を持つ人工芝が増えているため、
心地良いものを選んで使うことができるのです。

人工芝の特徴は、耐久性の高さにあるといってよく、
人工芝の場合、踏みつけても容易に壊れることはありません。
人工芝は天然芝よりも強くて長持ちします。

人工芝側面

例えば、リアル人工芝で知られているエクスターフは、
天然芝のように本物みたいなリアル感をもたせる製品として知られています。
エクスターフは、天然芝に近い印象を持つようにつくられた人工芝で、
枯れ葉を混ぜたような芝糸は、より一層、
リアルな印象を持たせることに成功しています。
それが本物みたいな芝を作り出すものとなり、
広く天然芝に代わる製品として活用されているといってよいでしょう。

そして、リアル人工芝のエクスターフは、
耐久性はもちろんこと、水はけの良さ、高いクッション性をもたせているため、
高性能人工芝としての機能性も抜群なものです。
仕上がり感とともに向上しているため、
人工芝の中でも使える場所が広がっているようです。

人工芝グラウンド

いままで天然芝を使っていたところでもエクスターフなら手入れが楽になり、
使いやすくなります。
人工芝をはじめて使うところでは、設置に不安があることから
専門業者に依頼することが多いようです。

しかし、人工芝の施工では、施工コストが気になるものです。
そのことから、コストをかけないで施工するために、
エクスターフでは最近になってDIYで施工できる製品を扱うようになりました。
この製品は自分で施工するため、
全国どこでもコストを抑えてリアル人工芝を設置することが可能になります。

エクスターフを扱うフィールドマジックでは、
DIYで施工するための「人工芝DIYアカデミー」をホームページ上で公開しています。
エクスターフならDIYでも仕上がり感のよい人工芝をつくることができます。

クレジットカードでお支払いできます