人工芝DIYの必須アイテム

人工芝DIYの必須アイテム

人工芝施工

人工芝をDIYで設置したいという人は多いです。

やはり業者に外注できれば安心ではありますが、
どうしてもコストがかさんでしまうため、
それなら自分でやってしまおうという人は多いはずです。

実際、業者の手間賃の分を人工芝本体の費用に充てて、
ランクの高い人工芝を使うようにした方が、
長期的なコストメリットも高くなります。

そんなDIYをする際に気になるのが、必要な工具です。
一体、何があればきれいにDIYで人工芝を設置できるでしょうか。

 

まず必須になるアイテムがカッターです。

人工芝の設置の際には、ただ置けばよいという状況は少なく、
適切にカットしていくことが求められます。

文具用の小さいカッターではなく、
工具の大きめのカッターを用意しましょう。
人工芝のマットは丈夫にはできていますが、
工具のカッターなら力を入れれば十分切れるようになっています。

 

そして、大事なものがメジャーです。

人工芝をきれいに設置するためには、見切り発車はNGです。

しっかり長さを測定し、計画的に敷き詰めていくこと、
それが仕上がりを左右し、性能まで左右します。

理想的にはできるだけ継ぎ目がなく、
芝の流れが同じになっていて、
凸凹が発生しないように敷いていくのですが、
ちゃんと計算して敷いていかないと隙間が多くなり、
隙間を埋めようと後から小さく芝を敷いて埋めると、
継ぎ目が多くなって、芝が浮いたり取れる原因になります。

継ぎ目や隙間が多いほど、雑草なども出てきやすいので、
精密に測定して設置するのが良いでしょう。

DIY

また、人工芝をカットするための目安をつけたり、
敷くべき位置に印をつけるために、
チョークや物差しなどの文房具があると便利です。
もちろん、ペンやマジックでも構いません。

こうしたものは作業を始めてから探すと、
集中力が切れたり、作業時間が伸びる原因になります。
最初から準備しておくと作業がスムーズです。

 

その他、設置用にU字ピンや接着剤、
屋外用の両面テープや養生テープがあると便利です。

固定のための道具は、人工芝の種類でも違いますし、
どのような場所に固定するかでも変わってきます。

U字ピンだけでは固定する力が弱くなりがちなので、
適宜他のアイテムで補強するようにすると良いでしょう。

 

今回は人工芝の設置の際に使うものを紹介しました。

その他にも下準備などの段階で使うものも多いですが、
それはまた別の機会に紹介できればと思います。

DIYの人工芝設置のノウハウについては、
当店の以下のコンテンツでも紹介しているので、
ぜひご覧いただければと思います。

【人工芝DIYアカデミー】

クレジットカードでお支払いできます