庭の人工芝DIYの事前準備

庭の人工芝DIYの事前準備

見積書と電卓

自宅の庭にDIYで人工芝を敷きたいと思った方は、
いきなりホームセンターなどに人工芝を買いに行くのはダメです。

まずは、何事も準備が大切です。

まず、どうして人工芝を敷きたいと思ったのか考えましょう。

庭の雑草の処理が面倒だった。

子どもが庭で遊べる環境を作ってあげたい。

見た目のかっこいい庭を作りたい。

様々な理由があるはずです。
そして、その理由にあった人工芝があるはずです。

人工芝に求める品質についてイメージを作るのが、
まず真っ先に行うべきことです。

そして、次に行うべきは庭の採寸です。

庭の寸法が記載された図面があればベストですが、
外構工事を行う際に業者が作ってくれてなければ、
自分でそれを作る必要があります。

庭の広さや形状がわからないと、
人工芝の割付も決まらず、必要な量の人工芝がわかりません。

とりあえずロールでどかっと購入してきて、
あとから考えるというDIYの仕方は雑すぎますし、
経費も無駄にかかってしまいます。

人工芝は重たいので、量が増えれば運ぶのもお金がかかります。

だからこそ、しっかり量を見積もりましょう。

そして、リアル人工芝をDIYで施工する場合、
どこまでやるべきかを検討した方が良いでしょう。

難しいところがあれば、素直にプロの手を借りたり、
またデザインを見直して無難なデザインにするのもひとつの手です。

また、一番大事なところですが、
DIYというのはあくまで趣味であり、家事のひとつです。

ですから、予算はしっかり決めておきましょう。

予算を決めておかないと、こだわりだしてしまい、
いくら使ったかわからなくなってしまう人もいます。

業者に頼む場合でも、予算が決まっていなければ、
どこにどれだけお金をかけるのが良いのかわかりません。

DIYで節約したいのであれば、
どのくらいの範囲に収めたいのかを
明確にイメージしておきたいものです。

こうした準備をしっかり行っておいて、
それから人工芝の購入に踏み切った方が良いでしょう。

当店の人工芝エクスターフは、DIY用に購入も可能です。

価格以上の品質の製品ですので、
様々な用途にお使いになれますので、
ぜひ無料サンプルをお求めください。

クレジットカードでお支払いできます