diyで人工芝の庭つくるとデメリットがある

diyで人工芝の庭つくるとデメリットがある

 
人工芝施工
 
最近の家の庭を見ていると、ガーデニングを行っているところをよくみかけます。
ガーデンでは、自分の好きなお花や樹木を植えたり、
お茶が楽しめるスペースをつくったり、中にはパーゴラなんかもつくって
本格的なガーデンに仕上げているという人もいます。

ガーデニングなら、庭よりも自由度が広がるので、
理想のガーデンを作るということを楽しむ人も多いことでしょう。
ガーデニングでは、きれいに仕上げるために、芝を使うことがよくあります。
芝はガーデニングにとっては欠かせないアイテムといってよく、
広くいろいろなガーデンで活用されています。

また、ガーデンにもさまざまな種類のものがあります。
お花をメインに仕上げるフラワーガーデンやボーダーガーデンなどは、
特に人気があるようで、これらのガーデンづくりでも
芝が大きな役割を果たしているといってよいでしょう。
このようにガーデンでは、芝がないと物足りないといった感じがするので、
芝があってはじめてきれいなガーデンができるということになるのかもしれません。
 
庭の人口芝
 
そのようなことから、今では家の敷地を使ってガーデニングを行うという人は
多く見られるようになりましたが、その多くはdiyでいろいろと楽しんでいるようです。
自分のガーデンは、diyで行うほうが楽しいでしょう。
そのほうが楽しくガーデニングができるからです。
好きなお花や樹木を植えるために、ガーデンのデザインまで考えてみたり、
お花を選んでみたり、テーブルやチェアなどを作ることも
diyでないと楽しめないことなのです。

また、diyならガーデニングに必要な用品を買うために、
ホームセンターやインターネットで探すなど、
これらのことがdiyでガーデニングを行う場合の醍醐味といってよいかもしれません。
自分でガーデンがつくれるなら本当に楽しいはずです。

しかし、ガーデニングは、diyで行ったほうがよいのですが、
芝を敷くときは注意しなければならばならないことがあります。
ガーデンに使う芝には天然芝と人工芝があります。
これらはどちらを使ってもガーデンをきれいに仕上げてくれることになりますが、
ガーデンによっては、使いづらいところもあります。

たとえば、狭いところや急勾配のあるところなどでは、天然芝を敷くことが困難です。
それは、芝刈りや草むしり、水やりといった作業ができないだけでなく、
きれいな状態を保つことができないからです。
また、寒いところでは芝が枯れてしまって使えないので、
悪環境の中で天然芝を使うことは難しいとされています。
そういったことから、ガーデンでは、天然芝でなく
人工芝を使うほうが適しているといってよいでしょう。

人工芝ならどこでも使えるので、どんなガーデンでも失敗することはなく、
人工芝の場合、一度敷くと、ほとんどメンテナンスを必要としません。
また、日頃からのお手入れも簡単なもので済むことから、
人工芝は、ガーデニングに最適なのです。そして、人工芝を使うなら、
ホームセンターでも買えるので、diyでもできます。
 
ガーデン
 
ただし、この場合、注意が要ります。
diyで人工芝を敷くとなると、あとでトラブルが発生することがあります。
自分で芝を敷くとなると、整地やカットなども自分で行うことになります。
これは人工芝の施工で非常に重要なことであるため、
できるならdiyで行うことは避けたほうがよいといわれている部分です。

たとえば、diyで行うと、整地が不十分で芝がゆがむことがあります。
また、雑草対策を怠っていたことから雑草に悩まされるとうこともあるのです。
このような失敗を避けてきれいな芝を敷くには、専門業者の活用がよいでしょう。

フィールドマジックは、人工芝の専門会社です。
フィールドマジックの人工芝の施工では、自社スタッフがしっかりと転圧を行い、
防草シートも設置します。
そのことから、施工後の仕上がりは非常によくなるので、
ガーデンの芝はフィールドマジックがおすすめです。

クレジットカードでお支払いできます