diyの人工芝は庭も野球場もうまくいかない

diyの人工芝は庭も野球場もうまくいかない

 

芝の庭

 

見ただけではわかりにくい人工芝が多くなっているようですが、
中には天然芝のようであるため、
見た目ではまったく区別のつかないものを
見かけるようになっています。

このような人工芝は、性能が高いことが特徴で、
見た目の良さについてはとても向上しているといってよいでしょう。

人工芝を使う庭などを見ていると、
仕上がり感がよくなっているということが実感できます。

このように最近の人工芝は、
思った以上に性能がよくなっているのです。

それが、天然芝に代わることができる製品から
天然芝を超えるような性質がある製品まであるようです。

そのことから、人工芝であっても
天然芝のように庭や野球場などに
問題なく使えるものとなったのですが、
両者が見た目ではほとんど見分けがつかないことから、
本当に人工芝の性能が高くなっているということがわかります。

高性能で高機能の人工芝は、
本来、天然芝の代わりになるものを作るという目的で
販売されてきました。

そして、いま結果として天然芝に代わることができたことは、
人工芝に開発が成功したと考えてよいかもしれません。

特に天然芝を超える性能までもつとされたリアル人工芝では、
天然芝が持っているデメリットを
うまく解決しているということがわかるものとなっています。

天然芝は芝刈りや草むしりなどを定期的に行う必要があり、
メンテナンスが面倒であることが難点とされてきました、

これに対して、人工芝は、
人工素材を使うことにより、
耐久性を高めて芝刈りを不要なものとし、
雑草が生えてこないように加工することで、
天然芝のもつデメリットをうまく解決したのです。

そのようなことから、リアルな人工芝は、
仕上がり感が非常によくて、
人工素材を使っているという違和感もありません。

そして、芝の風合いや性能がよくなったことから、
人工芝は、天然芝に代わってさまざまなところで
使われるようになったといってよく、
場所によっては、いままで天然芝が使えなかったところでも
使えるようになったといってよいでしょう。

また、人工芝の多くは見た目だけでなく、
クッション性が高いことも特徴であるため、
庭や公園ばかりでなく、野球場などにも
十分に使えるようになりました。

庭に使った場合は、人工芝であっても
ナチュラル感があるため、心地よく使えます。

そして、野球場に使った場合でも使用感がよく、
耐久性もあるので、スパイクでも簡単には傷むことがないのです。
これは、人工芝ならではの性能といってよく、
天然芝を超えるものといってよいものかもしれません。

 

家庭用リアル人工芝

 

人工芝は、市販でも変える製品です。
そのため、自分でdiyによる設置も可能です。
Diyなら、自分で施工するので、
費用がかからないことがメリットです。
人工芝はホームセンターでも性能がよい製品が売っているので、
このような製品を買ってdiyを行うこともできます。

ただし、ホームセンターなどで買った人工芝を設置するには、
ある程度の知識がないと、うまくいきません。
専門業者でない限り、人工芝設置は
うまくいかないケースが多くあるので、あまりおすすめしません。

 

作業中

 

その理由は、DIYでは、転圧機などがないため、
整地がうまくいかず、ゆがんでしまい、
ジョイント部分が外れたり、芝が壊れてしまうからです。

そのため、補修や修理が多くなるほか、
芝の張替サイクルが早くなることから、
費用がかかるようになるといった問題があるのです。

人工芝をうまく敷くためには、
専門業者の力を活用したほうがよいでしょう。
人工芝の専門業者のフィールドマジックは、
自社スタッフが人工芝を設置しています。

フィールドマジックでは、
整地や防草処理もしっかりとしているため、
きれいな芝を保つことができます。

フィールドマジックの人工芝なら
DIYではうまくいかなかった庭や野球場の人工芝を
きれいに仕上げることができます。

 

フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

 

wpid-sample02-300x92-2014-05-8-18-08.gif

 

【関連エントリー】
リアル人工芝をDIYした方のブログから学びます | Field Magic …
人工芝のDIYはこわくない | Field Magicリアル人工芝のブログ
人工芝をDIYでやってみよう | Field Magicリアル人工芝のブログ
人工芝のDIYははやりです | Field Magicリアル人工芝のブログ

クレジットカードでお支払いできます