そもそも人工芝って高いの?

そもそも人工芝って高いの?

ガーデニングの道具

人工芝の価格が高いという声を時々聞きますが、
人工芝はそもそも高いのでしょうか。

高いか安いかを判断するためには、
基準が当然必要になるのですが、
そのための基準をどこに置くかで答えは違ってきます。

比較①:「土」

土の庭と人工芝の庭、どちらが高いのでしょうか。

その答えは当然「人工芝」です。

というのは、人工芝は土の上に敷くものですから、
当然土よりも高くなるしかありません。

そのため、詳細に比較することもなく、
人工芝の価格分は間違いなく土の庭よりも高くなります。

比較②:「砂利」

日本風庭園によく見られる砂利の庭。

その独特の質感だけでなく、青白く光を反射し、
清々しい様子を見せてくれるのも魅力ですね。

砂利と人工芝の費用を比較してみると、
種類にもよりますが、砂利は人工芝の50~80%程度の価格です。

そのため、人工芝の方が高いと言えます。

しかし、人工芝と砂利では柔らかさが断然違います。
足元をどのようにしたいか、好みも大切です。

人工芝と犬

比較③:「コンクリート」

外構工事でよく行われるコンクリート舗装。

同じく土の上にコンクリートや人工芝を広げるなら、
多くの場合はコンクリートの方が高くなります。

コンクリート舗装は工事費込みで
1平米あたり5,000~10,000円ほどかかってきます。

人工芝もどのような人工芝を使うかによりますが、
同等もしくはそれ以下の価格で施工可能です。

コンクリートの方が基本的には長持ちしますが、
人工芝のような楽しみは持てないでしょう。

比較④:「天然芝」

よく比較されているように、
天然芝と人工芝を比較する場合には、
天然芝の方が初期コストは安くなり、
人工芝の方がランニングコストは安くなります。

今まで比較してきた中で、天然芝は、
唯一と言っていいほどランニングコストが発生し
メンテナンスにかかる手間や費用が大きいものです。

そのため、長く使うのであれば人工芝の方が
今はずっと安くなっています。

少なくとも5年以上使うなら人工芝の方が安いです。

人工芝

庭に使われる様々なものと比較検討しましたが、
人工芝が高いというほど高いことはありません。

どのような庭にしたいのか、何と比べるかで、
人工芝は高くも安くもなるのです。

「適材適所」と言いますから、
どこでも人工芝というのではなく、
本当に使うべきところに使ってもらえるのが一番です。

クレジットカードでお支払いできます