コスト面でも有利なフィールドマジックの人工芝

ランニングコストがかからないフィールドマジックのリアル人工芝エクスターフ

 

日本では長く天然芝が使われてきました。

 

天然芝ならきれいでナチュラルな芝をつくることができます。

 

そのことから、公園やグランド、庭でも

多く使われてきたといってよいでしょう。

 

しかし、天然芝の管理は楽ではありません。

 

IMG 1222  1

 

芝を刈るなど、きれいな芝を保つためにはメンテナンスや

コストに費用がかかります。

 

天然芝を広く敷く場合は、メンテナンスを考慮して

敷くことが必要とされています。

 

このように天然芝は管理をしっかりと行なっていないと、

きれいな状態を保つということはできないといわれています。

 

天然芝の面倒な作業を省く方法として人工芝の採用が

期待されるようになり、天然芝の張り替えを機会に多くの

場所で人工芝が活用されるようになっています。

 

人工芝は芝葉が伸びず、枯れることもありません。

 

IMG 1221  1

そのことから、人工芝を採用するグランドや競技場などが

増えています。

 

天然芝から人工芝に変えるところでは、コストが

心配になることが多いそうです。

 

天然芝と人工芝を使う場合、どちらが得になるにかについて

検討することも必要となることでしょう。

 

従来から使用されてきた天然芝は、数年で張り替えを

行う必要があり、寿命が短くなっています。

 

さらに、メンテナンスでは清掃や芝刈りなど、機材を

使わないと作業ができないことがあるので、人件費などの

コストがかるようになります。

 

IMG 1218  4

 

つまり、天然芝の場合は、イニシャルコストだけでなく

ランニングコストがかかります。

 

それに対して人工芝の場合は、はじめの設置において

費用がかかりますが、一度敷いてしまうとほとんど

手入れを必要としないので、ランニングコストはかかりません。

 

そのことから、ランニングコストのほうがかかるようになる

天然芝とトータルで比べると人工芝のほうがコストは

かからなくなることがあります。

 

たとえば、フィールドマジックの人工芝は、工場で

生産した人工芝を輸入してから自社で保管して加工や

施工を行なっています。良質なリアル天然芝でありながら、

中間マージンを削減した低価格で人工芝が設置できます。

 

この場合、天然芝を敷くよりもコスト面において有利になります。

 

まるで天然芝のようなリアル人工芝の無料サンプルのご請求はこちらから

 

T02200069 0535016912406682791