デメリットが少ない人工芝はベランダに最適

デメリットが少ない人工芝はベランダに最適

 
ベランダ
 
家のベランダが広いならいろいろな使い方ができるので、
このようなベランダがある家を見ていると
うらやましく思うという人もいることでしょう。

ベランダにテーブルやチェアを置いて家族や友たちといっしょにお茶を楽しんでみたり、
子供の遊び場やペットの遊び場としては最適なことから、
家にベランダを設けてみたいという人も見られるようになっています。

また、広くなくても家にベランダがあるというところでは、
利用性が低いので、なんとか心地よく使えないかと工夫してみようとする人も
たくさんいるようです。
ベランダは狭くても使う素材によって仕上がり感は違ってきます。

ベランダをきれいに仕上げる方法として、ウッドデッキや芝を使う方法がありますが、
狭めのベランダを快適に使えるようするには、
ウッドデッキではなく、芝を活用したほうがよいでしょう。
芝ならきれいなベランダを作ることができるようになるはずです。
ベランダに芝を使うと、きれいな緑が心地よくなるほか、
ふかふかとした芝の上で寝転がることもできるので、
こどもの遊び場やペットの遊び場として最適になります。
 
マンションのベランダで使う人工芝
 
ただし、ベランダに使える人工芝は、
天然芝ではなく人工芝しか使えないと考えてよいかもしれません。
それは、天然芝を使うときは、水分があるので、
外部にあるベランダであっても傷みやすくなってしまうのです。

また、芝刈りや肥料を与える必要があるので、
ベランダを汚しやすいといったことにもなるため、
さまざまなデメリットもあるのです。
天然芝をベランダに使うと、衛生的によくないばかりか、
建物を傷めてしまうため、早く劣化させてしまうというリスクもあります。

そのことから、ベランダに天然芝は適してないので、
ベランダの芝は人工芝を使うことがよいとされています。
人工芝なら芝刈りも草むしりも水やりもいりません。
人工芝はメンテナンスが楽になり、手間や手入れもよくなるので、
天然芝と比べても使いやすいことが特徴です。

さらに、人工芝の場合、便利に使えるものでありながらも
見た目が向上しているということにあるといってよいでしょう。
耐久性もあるので、寿命も高く、人工芝であるならベランダに使っても問題はありません。
人工芝をベランダに使った場合、
なんといってもメンテナンスが楽になることがメリットです。
そして、カットや加工も容易な製品も多くあるため、
設置も楽なこともメリットとされています。

人工芝をベランダに使った場合、施工も早くなり、仕上がり感もよくなります。
また、人工芝は一度敷くと、主だった手入れはいらないので、
とにかく面倒な天然芝に比べて本当に楽になるといった特徴があります。
このように、人工芝には、さまざまなメリットがあるので、
天然芝がベランダに敷けなくても代わりに敷くことができるのです。
 
人工芝施工
 
しかし、人工芝にもデメリットはあります。
人工芝を使うと、よいことばかりなので、デメリットはないと思いがちですが、
人工芝は、使う場所にあった製品を使わないと
性能や機能を発揮しないということになります。
人工芝は天然芝に代われるほど、性能の高さをもちますが、
ベランダに使う人工芝は、見た目はもちろんのこと、
耐久性の高いものを選ばないと長くきれいなベランダにならないので、
きれいに仕上げるものは、高性能なリアル人工芝に限られます。

また、人工芝が壊れて補修するときは、自分では直せないといったこともあります。
さらに、専業業者に依頼しても修理までに日数や費用がかかる上、
取り換える部分があるときは、同じ製品があるのかどうかといったことについては
実際のところ不明です。
これらは人工芝を使うデメリットとなりますが、
基本的に天然芝のデメリットを解決するためにつくられた人工芝では、
これといったデメリットはないので、
ベランダに使うには最適と捉えてよいでしょう。

人工芝専門会社のフィールドマジックでは、
見た目がよくて耐久性のよいエクスターフとロイヤルターフの2つの人工芝を扱っています。
どちらもベランダに適した製品であり、保証期間は長く、
万一壊れても扱う製品は同じなので安心して使うことができます。

クレジットカードでお支払いできます