プライバシーが保護されるクローズドスタイル

プライバシーが保護されるクローズドスタイル

 

 

塀やフェンスなどで囲まれているのがクローズドスタイルです。

 

重厚で風格のある門構えは、昔からステイタスとされています。

 

高くて長い塀が続いている重厚な門扉や門柱は、

統一的な素材使いで美しさを表現できるので、

美観の点においてもたいへん優れています。

 

2015 06 22 16 38 16

 

さらにプライバシーが守られるうえ、暴風や防音にも有効、

かつ塀の内側では、お子様も安心して遊ばせられるため、

老若男女を問わず、このスタイルは支持され続けているのです。

 

とはいっても、問題点がまったくないわけではありません。

 

高い塀をつくるということは、

それだけ日蔭の部分が多くなって、風通しが悪くなることだって

あり得ます。

 

このとき敷地が広い場合は問題になりませんが、

反対に狭い場合は注意したほうがよいでしょう。

 

2015 06 22 16 38 04

 

高いブロック塀などをつくってしまうと、

玄関スペースや通路が狭くなってしまい、

日当たりや風通しの悪いデッドスペース(使えないスペース)が

多くなってしまいがちです。

 

ですから敷地条件を考えてつくっていくのがベストでしょう。

 

さらにクローズドスタイルは、多くの素材を使って、

手間もかかるので、オープンスタイルやクローズドスタイルと

比較しても施工費用は高くなり、また工期についても

長くなりがちです。

 

こうしたデメリットがついて回るということを、

あらかじめ知っていくとよいでしょう。

ただし、費用面については、

多少なりとも抑える方法はあります。

 

2015 06 22 16 37 43

 

たとえば、部分的に安い素材を使ってみること。

具体的にいいますと、家の周囲の塀であれば

全部ブロック塀にするのではなく、

金属フェンスで代用してみるのも一つの方法ですし、

スリット(すき間)を入れてみてもよいでしょう。

このほかにも、門柱や塀の素材を、

メンテナンスが不要のタイル貼りにしてみたり、

ご自宅にある昔からある古い構造物や素材を

再利用してみたって構いません。

 

このようにアイデアと工夫次第で、

費用は抑えられるということも知っておくとよいでしょう。

 

 

フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

クレジットカードでお支払いできます