リアル人工芝の性能について

リアル人工芝の性能について

人工芝

最近はリアル人工芝が多くの場所で使われています。

一般の住宅の庭はもちろん、お店の装飾などでも、
天然芝に代わって人工芝が使われることも増えてきました。

人工芝なら面倒なメンテナンスを必要としないため、
管理が楽だからというのが大きな理由ですが、
それ以外にも天然芝のようなリアル感があることや、
その他にも様々な性能面の向上が選ばれる理由となっています。

人工芝の大きな特徴のひとつに、「安定した密度」があります。

天然芝では、生育環境や使用の仕方によって、
その芝葉の密度は不安定になってしまいがちです。

そのため、ある部分では土や地面が露出していたり、
不均一な生え方をしているのがかっこ悪く見えたりします。

人工芝は密度が全体的に均一で安定しているため、
見た目も美しく見えるようになっています。

ドッグラン

人工芝の性能で大きく向上したことのひとつが水はけです。

昔は人工芝の上には水たまりができると言われましたが、
今は排水用に穴があるものが増えているため、
水がたまってしまうことがほとんどなくなりました。

人工芝を敷いたところにしっかり水が流れるなら、
自然と排水されるようになっていますので安心です。

また、しっかり芝葉が起立している人工芝なら、
空気を通すようになっているので
濡れた後も乾きやすく、滑りにくくもなっています。

人工芝

人工芝はメンテナンスがそれほど不要ですが、
定期的に防虫剤を撒く必要があると思われています。

安い人工芝だと防虫剤の散布が必要ですが、
当店のエクスターフのように高品質の人工芝は、
防虫加工や防臭加工が標準でついているものもあります。

単に人工芝として見た目やクッション性が良いだけでなく、
実用に耐えるための様々な性能が添加されているのが
上質な人工芝の特徴です。

上質な人工芝であるほど耐久性も性能も高くなるため、
長く使えるリアル人工芝を探しているなら、
少々高いと感じても良いものを探した方がお得です。

クレジットカードでお支払いできます