リアル人工芝の耐用年数について

漠然と、人工芝の耐久性は何年持つのだろう?

と考えても、簡単に答えは出ません。

 

調べてみると、国税庁では、減価償却の際に参照する目的で、
人工芝の耐用年数をHPに記載しています。

 

それによると、「野球場、運動場等に設置する人工芝」の場合は、
ターフ(芝)の部分と、アンダーパッドの部分の耐用年数は、
10年、ということになっています。

 

これはあくまでも減価償却資産としての耐用年数を
表しているもので、人工芝を、「構造物の合成樹脂製造のもの」
に分類した結果だそうです。

 

つまりリアル人工芝の寿命は10年、
と約束されたわけではないようです。

 

IMG_1262

 

では、実際に人工芝を張った場合、
次回張替までの期間、つまり寿命がどれくらいに
なるのでしょうか。

 

ホームセンター等で安価に購入できる人工芝の場合、
長い寿命は期待できず、1〜2年と
いわれることもあります。

 

リアル人工芝の価格は、
当然見た目のリアルさも反映されていますが、
それに加えて、耐用年数も表していると考えて
差し支えないと思います。

 

やはり、安いものはそれだけ寿命が短いことも
多いようです。

 

逆に高価なものであれば、最低でも7〜8年、長ければ
10年以上は大丈夫でしょうか。

 

長持ちするに越したことはないので、
ある程度耐用年数のあるものを購入することを
お勧めします。

 

IMG_1265
さて、人工芝の耐用年数が過ぎ、「そろそろ寿命?」
と思われる場合、張り替えの必要が出てきます。

 

自身で簡単に施工できるような場所であれば、
人工芝の代金のみで乗り越えることができますが、
施工のたびにお金がかかるような広い場所や複雑な
場所に人工芝を敷く際は、少しでも耐用年数の長い
タイプのリアル人工芝を選ぶと、
施工コストを抑えることができます。

 

天然芝と同じかそれ以上のメリットを持つ人工芝ですが、
施工業者、使うリアル人工芝の種類によって、
施工価格が大きく変わってきます。

 

日ごろの手入れを最小限に、きれいな庭を保てる
リアル人工芝を施工する際は、ぜひ複数社お見積もりを
することをおすすめします。

 

製品保証付き、長くきれいに使えるリアル人工芝

エクスターフの詳細はこちら

 

sample02

 

 

 

 

 

クレジットカードでお支払いできます