人工芝でスポーツをプレーをする際の注意点

人工芝でスポーツをするときの注意点

 

昔は天然芝のグラウンドが多くプレーや練習は必ず芝上で行われていましたが

今では人工芝を使用しているところが多いようですね。

 

IMG 0270

 

グラウンドのような広大な場所に天然芝をひくと

手入れが大変ですし費用がバカになりません。

 

人工芝なら手間もかからず費用を抑えることも出来ます。

逆に、人工芝はクッション性が低いのでプレーに最適な環境

ではないとも言われています。

 

天然芝が選手にとって一番良い環境ですが

やはり一体の球場が人工芝を使用しつつある時代ですから

人工芝でプレーをする際の注意点を心得ておく必要が

あるのではないでしょうか?

 

例えば野球練習をする際の『天然芝』でのメリットをあげてみたいと思います。

・打球が跳ねにくくイレギュラーさえしなければ取りやすい

・ボールの転がる速度が落ちてプレーしやすい

・滑り込んでも怪我をする可能性が少ない

・クッション性が高くプレー時の疲労が溜まりにくい

 

スクリーンショット 2012 01 17 19 29 12

 

そういったメリットはありますがやはり天然芝の管理費は高い。

しかも管理状態によってはプレーしにくくなる可能性も考えられます。

 

だからこそ球場やグラウンドでは人工芝が使用されるようになっています。

 

そこで人工芝でプレーをする際の注意点を理解して

現在では多くなった人工芝でのプレーに備えて心得を習得しておきましょう。

 

天然芝のメリットである「打球のバウンド軽減」や「ボールの速度」などは

人工芝でもメリットとなりますが

人工芝の場合は「クッション性」があまり高くありません。

 

プレー時の疲労がたまり怪我をしやすくなりますので、その点を

注意しておきたいところ。

 

スクリーンショット 2012 01 17 19 36 24

例えばクッション性が低いことで

脚、ふくらはぎ、アキレス腱などの間接周辺に疲労が溜まります。

ジャンプをした時など腰へ負担が大きくかかりますし

太ももの柔軟性がなくなります。

 

人工芝でのプレーは特に「クッション性が低い事」を意識して

間接や腰などの普段を軽減するための処置を行いながら

プレー後のストレッチやクールダウンを徹底しましょう。

 

スライディングをすると摩擦で怪我をすることも多いので

踏み込みは軽く、怪我をした後の応急処置を頭に入れて

おくことも大切です。

 

リアル人工芝エクスターフの無料サンプル請求はこちら ↓ ↓ ↓

 

T02200069 0535016912406682791

 

 

クレジットカードでお支払いできます