人工芝で多いお悩み

人工芝で多いお悩み

人工芝を使うにあたって、お悩みの相談も多く受けます。

その中から良くあるものを紹介します。

芝のあるティータイム

1.人工芝はDIYできますか?

人工芝はDIYできます。

むしろ、天然芝を自分で設置するよりずっと簡単です。

ただし、きれいな仕上がりを目指すのであれば、
やはりプロの職人に依頼した方が無難です。

仕上がりのきれいさは、一番どこに出るかというと、
継ぎ目の部分に出てきます。

ブログなどで人工芝DIYの成果を公開されている方でも、
きれいなところは継ぎ目があまり見えず、
ちょっとイマイチなものは継ぎ目が目立ちます。

継ぎ目の多さは、見た目だけでなく、
人工芝の機能を損なう原因にもなりますので注意しましょう。

DIYの人工芝

2.人工芝で涼しくなりますか?

見た目だけの話であれば、涼しく感じるかもしれません。

しかし、実際には涼しさはほとんど期待できないでしょう。

人工芝は日光に対して、反射することが多く、
反射光によって周囲が暑くなることがあります。

また、人工芝そのものが熱を吸収する場合も多く、
その場合はコンクリートほどではないとしても、
土よりもずっと熱くなります。

さすがに燃えることはないですが、
夏場は水撒きなどをしてあげた方が良いでしょう。

温度計

3.人工芝は燃えたりしますか?

人工芝は燃えることはほとんどありません。

燃える場合は、それこそ意図的に
短時間で高熱を与える必要があります。

自治体のゴミでも、可燃ゴミ扱いになるか、
判断が分かれるくらいです。

そのため、ちょっとタバコを落としてしまった、
近くでヒーターを使ったなど、
生活レベルの熱では燃える心配はありません。

ただし、主原料の多くはプラスチックですので、
高熱によって溶けたり焦げたりすることはあります。

とはいえ、夏場でも日光でそうなることはありません。

虫眼鏡などで意図的に熱を集めない限りは、
防炎の基準もありますのでまず燃えることはありません。

ドッグトレーニング

人工芝に関し、古いイメージから
ネガティブな意見を聞くこともありますが、
その多くは今では問題無くなっています。

天然芝以上とも言われている、
便利な人工芝をぜひ安心してご活用ください。

クレジットカードでお支払いできます