人工芝なら狭いベランダでもお手入れが簡単

人工芝なら狭いベランダでもお手入れが簡単

 

ベランダ人工芝

 

庭に芝を使うところでは、芝刈りや草むしりが面倒なので、
もう芝の管理はしたくないという人も多いと聞きます。
そのような人の中には、これなら庭に芝を使わないほうが
いいのではないかと思いこともあるそうです。

庭に使われる芝は、主に天然芝です。
芝の庭が続けられない大きな原因は、
面倒なメンテナンスとお手入れにあるといってよいでしょう。

天然芝は自然素材なので、芝が伸びてしまいます。
また、雑草も生えてくるので、草むしりを行う必要があります。
さらに、水やりや肥料をやらなくてはならないので、
天然芝を使う場合、思った以上に芝のお手入れやメンテナンスが大変になるのです。

そして、天然芝は枯れたり、変色することもあるので、
芝の管理は大変なのです。

このように天然芝を使う場合は、
いろいろなデメリットがあることを承知の上で利用しなければなりません。
また、以上のような性質から、天然芝が使えるところは限られています。

天然芝は、防水やメンテナンスに問題があることから屋内では利用できません。
天然芝が使えるところは、庭や公園、競技場やゴルフ場といった
屋外の利用がほとんどです。
つまり、建物の中やベランダなどでは使えないといってよいでしょう。

 

室内にも人工芝

 

天然芝が使えなかったところで芝が使えるようにしたり、
芝が使えるところを広げるためには、
屋内で使える芝でなくてはならないのです。
もっと広く芝が使えるようにするには、
天然芝でなく、人工芝を使うことがよいされています。

人工芝は天然芝とは違って
人工素材を使ってつくった工業製品であるので、
耐久性や性能が高いことが特徴です。

また、人工芝の場合、リアルなものであるなら
外観が非常によくできているので、
見た目がよい製品も多くあります。

たとえば、人工芝を使うと、
芝刈りや草むしりといったことが必要なくなります。
これは、人工芝特有のものであり、
メンテナンスや日頃の手入れを楽にするといった効果があります。

人工芝はもともと天然芝がもつデメリットを解決するために
開発して販売されてきた製品です。
そのことから、使いやすいだけでなく、
いままで天然芝が使えなかったところでも
使えるようになったという性質をもっています。

人工芝なら、水分を必要とはせず、
どこでも簡単に敷くことができます。
屋外以外に屋内にも敷くことができるので、
ベランダなどにも敷くことができるようになります。
これは、人工芝ならではの性能や機能を現わすものとなるのですが、
人工芝がベランダに敷けるようになったことは、
人工芝の開発が成功したものとみてよいでしょう。

実際にベランダに使える天然芝に代わることができる人工芝は多くあります。
人工芝ならベランダでも狭いところに使うことを可能にしてくれます。
どこでも使えるようになった芝として、
人工芝は今度広く活用されることは間違いありません。
人工芝を使ったベランダの場合、面積に関係なく敷くことができます。
ベランダが狭くても敷くことができるので、
人工芝は、設置自由度の高い製品として活用できるのです。

 

作業中

 

また、人工芝の設置後は目立った手入れやメンテナンスがいらないので、
管理が楽になるといったメリットもあります。
そのことから、ベランダに使う人工芝は、
お手入れが簡単になるといってよいかもしれません。

このようなベランダに使える製品に
フィールドマジックの人工芝エクスターフがあります。
フィールドマジックの人工芝は、
狭いところでも設置できるように自由にカットしたり、
加工ができるので、設置作業が楽で納まりもよくて仕上がりもよくなります。

また、フィールドマジックの人工芝なら、
耐久性もよくて、寿命も長いので、
一度敷くとメンテナンスにかかる手間やコストが大幅に減ります。
特に自社オリジナル製品のエクスターフをベランダに使うと、
耐久年数がよくて、見た目もよいことから、
きれいで手入れが簡単なでベランダに仕上げることができます。

 

クレジットカードでお支払いできます