人工芝にすると虫はどうなる?

サマーキャンペーン
 

人工芝にすると虫はどうなる?

庭の人工芝

今はヒアリが世間を騒がせていますが、人工芝を使うと、
アリや蚊などの虫はどうなるのでしょうか。
人工芝の設置方法にもよりますが、基本的に業者であれば、
しっかり整地してから防草シートを敷いて、
その上に人工芝のマットを広げていくはずですので、
虫は出にくくなります。

人工芝施工

虫が生息するためには生息環境が必要になりますが、
土があることや草があること、水分があること、
光があること、その他の生物がいることなど、
自然の状態が整っていることが必要になるからです。

人工芝は上記のうち、草を奪い、土から顔を出しても、
あまり光も無く、出口も少ないですし、
天然芝と比較すると水分も残りにくいため、
虫たちにとっては生息しにくい環境となります。

そのため、虫の多くは年月と共に少なくなっていきます。
ただし、防草シートの隅には逃れてきた虫たちが住み着きやすく、
そのために驚くこともあるかもしれません。

また、アリのように地中を掘って巣を作るタイプだと、
人工芝だからと完全にいなくすることはできません。

こうした虫たちが苦手な場合は、定期的に防虫剤を撒いたり、
ベイト(毒餌)式の殺虫剤などを併用するのが良いでしょう。

人工芝自体は防虫対策がされているものも多く、
虫に食われて品質が低下することはあまりないですが、
それでも虫が出てくるのは嫌なものですから、
庭で人工芝を使う場合には防虫対策をするべきです。

マンションのベランダで使う人工芝
人工芝をベランダなど、元々虫のいないところで使うなら、
そこに虫が新たに出るようになることはありません。

先述した通り、虫が生息するにも条件があるからです。

ただ、注意したいのは、鉢植えの植物がある場合で、
そこから流れ出た土などに虫が住み着いたり、
鉢の中に虫が住んでいることもあります。

こういった場合は人工芝とは関係なく虫が発生しますので、
園芸用の鉢やプランターの防虫対策は考える必要があります。

植物の中には、虫の嫌うニオイを発するものもあるので、
そういったものを一緒に栽培すると良いかもしれません。

クレジットカードでお支払いできます