人工芝のデメリットは補うもの

サマーキャンペーン

人工芝のデメリットは補うもの

リアル人工芝

最近は人工芝を採用する家庭も増えているのですが、
人工芝も性能が向上しているとはいえ完全無欠ではなく、
デメリットも存在しています。

そのデメリットについて少し考えてみましょう。
人工芝の最大のデメリットのひとつが、設置コストです。

工業製品である人工芝は価格もピンキリですが、
庭やベランダに採用できるほどの品質となると、
天然芝よりも基本的には高価格なものとなります。

さらにそれに加えて防虫シートや防草シートなど、
下準備のためのシート類を考えたりすることになると、
さらに費用がかかってしまいますし、
業者に依頼するなら作業料も発生します。

そのため、初期コストは高くなってしまいます。

人工芝施工
また、人工芝のデメリットとしてしばしば言われるのが、
夏場は熱くなってしまうというものです。

天然芝は地面から水分を吸い上げ、
水分と共に熱を放出してくれるため涼やかですが、
人工芝にはそういった機能は無く、熱はこもりやすいです。

これへの対策としては、表面に水を撒くか、
日陰になるような位置に設置するしかありません。
そして人工芝は、季節を問わず、鮮やかな緑色を保ちます。
これは地域や季節によっては強い違和感を生じます。
これもデメリットと言えばデメリットでしょう。

人工芝敷設
高機能になった人工芝と言え、まだまだ課題はあります。

しかし多くは補うことができるもので、
特段問題にするようなものではありません。

人工芝のデメリットを並べるよりも、
人工芝のメリットを並べてみれば、
使わない理由は無いというほどメリットが多いです。

見た目もカッコよく、やわらかなクッション性を持ち、
虫や雑草に強く、そして維持コストも安いです。

天然芝に負けないだけのメリットを備える人工芝は、
デメリットが多少あってもやはり有用なのは
間違いありません。

ですから、デメリットは補うことを考えて、
メリットを活かすように活用したいものです。

クレジットカードでお支払いできます