人工芝のロールの重さ

人工芝のロールの重さは持てない?

 

 

最近は庭づくりでも面倒なメンテナンスが

必要のない人工芝を使うところが増えています。

 

かつて人工芝は仕上がり感がよくないということで、

観賞用の庭などではあまり使われてきませんでした。

 

人工芝は最近になって開発が進んで性能や機能が

よくなったものです。

 

IMG 2209

 

そのことから、人工芝はどこでも使われるようになり、

さまざまな場所で使われるようになっています。

 

最近の人工芝の中には高性能のものがあり、

仕上がり感がよいリアル人工芝が注目されています。

 

人工芝にはロール状のものやタイル状のものがあります。

 

ロール状のものはタイル状のものよりも性能のよいものが多く、

施工後の仕上がり感もよいことが特徴です。

 

ロール状の人工芝の場合、高性能のものになると厚さもあって

密度のよいものがあり、重量のあるものもたくさんあります。

 

ロールの重さは1平方メートルあたり3㎏弱のものが平均ですが、

高性能な人工芝になると、ロールが重くなることが特徴です。

 

IMG 2213

 

ロールの重さが3㎏を超えたものではロングパイルの人工芝が多くなり、

このような人工芝の場合は見た目や性能、機能などがよくなっています。

 

これは人工芝の中でも高性能のリアル人工芝などでよく見られます。

 

ロールタイプの人工芝がよいところは、施工するときに隙間を作らず

設置できることといってよいでしょう。

 

ロールの幅は広くて長いものであるなら、隙間を作ることがなくなります。

 

そのため、ロール状の人工芝は仕上がり感もよくなるので、

庭などの鑑賞用として使うときは効果があります。

 

ロール状の人工芝の場合は、タイル状のものと比べて

施工時や使用時において外れたり、ずれるといったこともありません。

 

IMG 2208

 

芝の手入れがよくてメンテナンスもよいので、ロール状の製品は

人工芝の中でもおすすめの製品とされています。

 

また、ロール状の人工芝は、納まりがよいので、

どのような場所でも設置できることが特徴です。

 

隅までぴったりと納めることができるので、寸法をしっかりと測って

施工できるロール状の製品は、庭づくりなどに使う天然芝に

代わるものとして最適です。

フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

クレジットカードでお支払いできます