人工芝の価格に騙されない

人工芝の価格に騙されない

 

近年、天然芝に代わって多くの場所で人工芝が使われるようになっているようです。

 

たとえば、人工芝は、いままで天然芝が使えなかったとされていた場所に

おいても使えるようになったことから、

建物の屋上や屋内でも使えるようになったといってよいでしょう。

 

人工芝の多くは、基層部分とパイル部分から構成されています。

  1IMG_0777.png

 

基層部分ではパイルをしっかりと定着させることにより、

芝葉が抜け出ないようにしているほか、

クッション性を保つ役割を果たすための加工も施しています。

 

また、多くの人工芝ではパイル部分に弾力性のある加工を施すことにより、

リアル感を向上されることに成功しています。

 

  芝葉は用途に合わせて芝葉が長いロングパイルのもの、

芝葉が短いショートパイルものがあるため、

いろいろな場所に使える製品があります。

 

人工芝でも良好なものは芝葉の密度が高くて 芝葉の形状がよいことが特徴です。

  1IMG_3188.JPG

また、人工芝の中には耐久性が高いものがあり、

このような製品は特に評価されています。

 

製品は見た目のよくて性能や機能も高いことから

値段も高いものが多くあるのですが、

製品の良さからよく使われているようです。

 

しかし、中には見た目がよい人工芝で値段が高い製品でも

性能や機能があまりよくないといった人工芝もあります。

 

このような人工芝は、見た目ではなかなかわからない性能や機能が

劣っているものがあるため、

値段のわりには製品がよくないということで、 だまされてしまうということもあります。

 

そのことから、人工芝の場合、 値段が高い製品がよいということではないのです。  

 

人工芝は見た目はもちろんのこと、 性能や機能がよいことが条件です。

t02200165_0480036012452831143.jpg

長持ちする芝でないと天然芝に代わって使う意味がありません。 

人工芝選びでは値段が高いからといってよいとは限らないので、

だまされないために実物やサンプルを見てから使うようにしたほうがよいでしょう。 

そうしないと人工芝選びで後悔することになってしまいます。  

 

 

フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

クレジットカードでお支払いできます