人工芝の価格や性能がピンキリの理由

人工芝の価格や性能がピンキリの理由

 

人工芝

 

今では当たり前に使われるようになった人工芝ですが、
このような芝を使っているところは、
天然芝のようにきれいに仕上がっていることから驚くことがあります。

天然芝みたいにリアル感があり、
見た目の良さだけでなく、
使用感や使い心地についても良好なのです。

そのようなことから、いまの人工芝は、
昔のようなイメージはなく、高性能であることがわかるものとなっています。

特に人工芝の中でもリアル人工芝は、
本物みたいにきれいに仕上がることが特徴です。
リアル人工芝であるなら庭や公園などに使っても最適なものでしょう。
最近の人工芝は性能や機能、外観が非常によくなっているので、

庭はもちろんのこと、公園や遊び場のようなところに使っても
まったく違和感がないのです。

人工芝であってもリアルで高性能なものであるなら
十分使えるようになったといってよいかもしれません。

このように人工芝が広く活用されるようになってきたのですが、
人工芝が普及する前は天然芝が主流でした。

というよりも高性能な人工芝が登場するまで、
まともに使える芝は、天然芝しかなかったのです。

従来、庭などをきれいな状態に仕上げるには、
お手入れやメンテナンスが大変で面倒な天然芝を選ぶ必要がありました。

しかし、近年、リアル人工芝が天然芝のデメリットを解決するように
改良されてきたことから、いまでは人工芝が
天然芝に代わることができたといってよいでしょう。

人工芝は、さまざまなニーズにあった
いろいろな製品が開発されるようになり、種類も増えています。
その種類もプラスチックの安価で買える簡易的なものから
高級商品と呼ばれている高性能で見た目がよいリアル人工芝まであります。

 

人工芝のある庭

 

人工芝は、玄関やプールなどに使うなら安価なもので充分でしょう。
しかし、人工芝が天然芝に代わるためには、
天然芝のような外観や性能を持つか、
天然芝以上の性能を持たないと代わることができません。
このような人工芝になると、性能や見た目がよいだけでなく、
価格についても高くなります。

つまり、人工芝の場合、安くて手頃に使える人工芝から
価格が高い人工芝まであるということなります。

人工芝の場合は、天然芝とは違って性能などに関係して価格差があるのです。

具体的に人工芝は、次のような理由によって差が現われてきます。

人工芝は、使う素材によって見た目や使用感に差があります。
プラスチック製の人工芝は鑑賞用としては使えず、使用感もよくありません。
また、ナイロンやポリプロピレンを使った人工芝の場合は、
ナチュラル感を作るほか、使い心地もよいので、
高品質の人工芝として評価されています。
このように人工芝に使う素材の違いによって差が現れるようになります。

 

1IMG_3043.jpg

 

そして、人工芝の場合、芝の仕上がり感、水はけの良さ、
耐久性といった性能や機能に差があります。

これらは外観の仕上がりの精度や寿命の違いとしても
現われてくるようになるので、
人工芝に大きな差を生むことになるとされています。

以上のことから人工芝といってもさまざまなものがあるので、
価格や性能差として表れるようになるのです。

これらを理由に人工芝は、価格と性能について
ピンキリであると捉えてよいでしょう。
人工芝を選ぶときは、高い性能を求めるなら価格もそれ相応となります。

ただし、人工芝の種類が多くなるにつれて
性能と価格が一致しない製品も見られるようになっています。

中には、性能がいまいちでも価格は高いといったものがあったり、
性能がよくて価格は手頃という製品もあります。

これらは、メーカーや販売会社で異なるもので、
たとえば、よく売れている製品の価格は下がる傾向があるようです。

この場合、性能に比べて価格が高くなっていると考えてよいかもしれません。
また、人工芝の価格には、工事費を含んでいることもあります。

フィールドマジックはリアル人工芝の専門会社です。
フィールドマジックでは、全国どこでも高性能な人工芝を
手頃な価格で設置できます。

クレジットカードでお支払いできます