人工芝の耐久性とは

人工芝の耐久性とは

 

人工芝側面

 

きれいな庭を作ってくれる芝ですが、
できるなら長くきれいな状態を保ってほしいと思うものです。
そのためには、芝がしっかりといていることが必要でしょう。
芝は丈夫でないと、耐久性がよくないことから、寿命も短くなるものです。

人工芝は、天然芝よりも寿命が長くて耐久性のある製品です。
人工芝では、人工素材を使っているので、
そう簡単には壊れたり、傷むこともありません。
人工芝には、プラスチック素材やナイロン素材などを使ってつくっています。
どの素材も丈夫で人工芝特有の性質があるので、
性能が高い人工芝の場合、耐久年数は長く、8年から10年ぐらいのものが多くあります。

人工芝である場合、保証期間についても長いものが多くあることが特徴で、
高寿命であることも特徴です。
また、人工芝であると、性能や機能が高いほか、
芝が伸びることもないので芝刈りを行う必要がありません。
そして、芝が枯れることもないので、メンテナンスが楽になります。

さらに、人工芝の場合、見た目が向上しているため、
外観がよく仕上がっているものが多くあり、
人工芝であっても天然芝に代わることができます。
これは、人工素材でも心地良い風合いを楽しむことができるため、
いろいろなところで使える製品といってよいでしょう。
このように人工芝の多くは、性能や機能、見た目が非常によくなっています。

 

人工芝施工例

 

人工芝は、天然芝みたいに本物のような雰囲気をもつことから、リアル感が違います。
これは、人工芝は、天然芝のデメリットを解決して
もっと使いやすい製品とするために開発されてきた結果といってよく、
メーカーなどが繰り返して改良してきた研究の結果といもいってよいかもしれません。

その性能の高さは、いかにも天然芝に代わることができるのかといった
高い品質を追求してきたようであり、
いまでは高性能製品が多くの場所で使われるようになったといってよいでしょう。
中でもリアルな雰囲気をもつリアル人工芝の場合、
耐久性についても高い性能を持っています。
その性能は、天然芝が持つ耐久性を超えることはもちろんのこと、
通常の人工芝よりも優れているのです。

このようなリアル人工芝は、スポーツなどで衝撃を受けても簡単には壊れず、
踏んでも戻る弾力性があります。
耐久性を高めるために、パイルには、プラスチックやナイロンを使って
特殊加工をした芝葉を再現しているほか、
ポリプロピレンなどを使って
しっかりとした構造に仕上げるといった工夫が行われています。

そのため、リアル人工芝になると、構造や仕上がり感において
耐久性が高められているということがわかるものとなっています。

 

人工芝
 

つまり、見た目の仕上がり感は天然芝のようでありながらも、
性能は天然芝以上であることから、
リアル人工芝の多くは高耐久であることを示しています。

たとえば、高耐久であることを証明するような製品として、
フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフがあります。

エクスターフは、保証期間が10年の寿命が長い高耐久の製品です。

これは、普通の人工芝の耐久年数に比べて長く、
性能が高い人工芝として活用できます。
人工素材で作るゆえに劣化も遅く張替サイクルも長いのです。

また、性能についても運動や遊び場として使うことができるので、耐久性は抜群です。
エクスターフの場合、人工芝の性能を発揮するために、
U字形状に加工した断面をもつパイルに仕上げて弾力性を持つことに成功しています。
このパイルの長さは35mmで、ナイロン素材であるので、耐久性があります。
また、エクスターフでは、施工後も耐久性を持続するために
ロールタイプでジョイントを減らす工夫も行っています。

ジョイントが少ないと汚れや傷みが少なくなるほか、
見た目がきれいになる効果があります。
そして、基層部分には、ポリプロピレンを使うことでクッション性を高めたり、
自社施工によるカットや加工を効率よく行うことで、
人工芝の寿命を高める工夫も行っています。

このように、エクスターフなら、本物みたいな芝を作るために
開発されてきた製品であるため、非常に高いリアル感があるので、
庭などに使った場合、見た目がよくて
使用感もよく仕上がる効果が期待できるようになるのです。

クレジットカードでお支払いできます