人工芝の耐久性は考え方から

人工芝の耐久性は考え方から

人工芝製造過程

最近はソファーのCMなどで、何度も圧力をかけて実験をし、
その耐久性をアピールしたりしていますね。

実は同様の実験というのは、
様々な工業製品で普通に行われています。

キッチンのショールームなどでは、
キッチンの耐久性を見せるために、
ボウリングの球を落としてみて、
それでも傷がついていないところを見せたりします。

スマートフォンのコーティングでは、
耐久性を見せるためにハンマーで殴ったりします。

人工芝の耐久性も、
このようにインパクトのあるようにできればいいですが、
残念ながら同様にはできません。

人口芝の基布の部分はカットできないと使えませんし、
芝葉もある程度の柔らかさが必要ですから、
硬ければ良いのでもありません。

しかし、品質を測るために必要な実験は、
ちゃんと行われているのです。

人工芝ロール

芝葉の耐久性を測るために、
葉になる繊維を引っ張ってみて伸縮がないか、
また日光や風雨を想定した環境において劣化がないかなど、
様々な項目を立てて実験しています。

その中には耐火実験や、耐圧力の実験など、
様々なものが含まれています。

人工芝の耐久性は、パッと見は、さほど変わりません。

それは素材が大きく変わることがないからです。

しかし、使っているうちに劣化の度合いが違います。

これは品質を維持できるように作っているのか、
コーティングなどをしっかりしているのか、
そもそもの製造の考え方や予算の違いが反映されます。

本当にしっかり作られた人工芝であれば、
10年以上も使うことができます。

中には頑張って管理しても3年ももたないものもあります。

これは「品質」としか言いようがありません。

リアル人工芝

当店のエクスターフは、10年以上使える人工芝を考えて
オリジナルで製造している人工芝です。

フィールドマジックでしか販売しておらず、
フィールドマジックでしか10年保証はしていません。

10年使える耐久性の高い人工芝をお求めなら、
ぜひ当店にご相談ください。

無料サンプルもありますので、
ぜひご利用いただければ幸いです。

クレジットカードでお支払いできます