人工芝の耐用年数をご存じですか?

人工芝の耐用年数をご存じですか?

 
 
 
天然芝に代わって登場した人工芝ですが、
いままで人工芝は天然芝のような雰囲気を出すことが
難しいとされてきた製品です。
 
しかし、最近なって天然芝のような人工芝もつくられるようになり、
いろいろな場所で使われるようになっています。
 
IMG_1232
人工芝の中にでも仕上がり感のよいものがあり、
どこで使ってもナチュラルな印象を発揮する製品もあります。
 
リアル感のある人工芝の中には、
本物と見違えるようなリアル人工芝があります。
 
このような人工芝は、見た目がよいことはもちろんのこと、
使用感もよいことが特徴です。
 
人工芝であっても通常の製品よりも機能や性能が高いため、
使っているときの状態は非常によいものです。
 
リアル人工芝はパイル部分と基層部分で構成されているものが多く、
クッション性と耐久性を備えている製品が多くあります。
 
IMG_0777
人工芝の場合、芝のクッション力を向上させるために
特殊な加工をしているものが多く、パイルについては、
V字、U字、C字、W字のような形状をしているものが
高い性能を持っているようです。
 
このような仕上がりのパイルは、
踏みつけた時の復元力を向上するような可能性をもっているので、
庭の芝として使うだけでなく、
競技用の芝として非常に役立つ製品とされています。
 
これは、人工芝が天然芝のような雰囲気をつくるための加工法と
なるものなのですが、人工芝の場合は、
このような加工を行うことで耐久性を高めているのです。
 
o0250020012406482130
人工芝は芝葉の形状によって密度も異なるようになり、
耐用年数についても異なると考えられています。
 
クッション力があり、耐久性がよくて性能のよい
人工芝は芝の密度が関係しています。
 
人工芝には芝葉が短冊状ものもありますが、
このような人工芝は密度が低くて下地が見えているので、
見た目もよくなく、クッション性も期待できないといわれています。
 
そのことから特殊加工の密度の濃い人工芝でないと
庭や公園、ベランダをきれいに仕上げることはできないでしょう。

 

フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

 

クレジットカードでお支払いできます