人工芝はリアルなものがいい

人工芝はリアルなものがいい

リアル人工芝
庭に使う芝には天然芝と人工芝があります。

天然芝は自然素材ならではナチュラルな印象を得ることができます。

いままで多くの芝を使う場所では天然芝が使われてきました。

 

天然芝のよいところは、
見た目と使用感の良さにあるといってよいでしょう。

風が吹いたらきれいになびく芝葉は
天然芝でしか表せないものといってよいかもしれません。

 

ただし、この心地よい芝の状態を保つことは大変です。

 

天然芝は常に管理していないと
芝が伸びてしまうなどの問題が発生してしまいます。

定期的にメンテナンスを行う必要があるので
手間やコストがかかる面倒な製品と考えてよいでしょう。

 

このような問題を解決するために
天然芝に代わって人工芝を使うところが見られるようになっています。

 

家庭用リアル人工芝

 

人工芝は、もともと天然芝が持っているデメリットを
解決するためにつくられました。

しかし、人工芝は最近になって開発が進んだことから
人工芝が選ばれるようになっているようです。

人工芝は人工素材を使うため、天然素材とは違って耐久性があります。

また、人工芝の場合は寿命も長く、
いつまでもきれい状態を保つことができるようになる素材です。

今では庭やグランドなどでは天然芝に代わって
人工芝が使われるようになり、
天然芝よりも使われているところが増えているそうです。

 

また、人工芝の中にはリアルな印象のあるリアル人工芝もあります。

リアル人工芝は、見た目や使用感がよいので、
人工芝でもよく採用されるようになっている製品です。

リアル人工芝は、本物のような雰囲気を持つ庭などに使える人工芝です。

観賞を重視する場所では天然芝のようによい印象を与えるので、
リアル感が求められる庭などでは
この手の人工芝を使うとよいといわれています。

リアル人工芝は天然芝に代わる性能や機能を持っています。

 

天然芝を使うことで手間やコストもかかっていたところでも
容易に使えるようになるメリットがあります。

そういったことから手入れが楽になる人工芝でも
リアルなものを使うとよいでしょう。

 

フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

【関連エントリー】
リアル人工芝をDIYした方のブログから学びます
人工芝は危ない?
リアル人工芝を庭に敷くときの疑問点
天然芝とリアル人工芝

 

クレジットカードでお支払いできます