人工芝は張替サイクルが長い

 
人工芝景観
 
芝を使うところでは手入れや定期的なメンテナンスを行わないといけません。
このような面倒な手入れなどは天然芝特有のものなので、
天然芝の管理が大変という人は人工芝を使うようにしているようです。
人工芝を使うなら天然芝とは違ってメンテナンス面では非常に楽なります。

また、天然芝を使うときと人工芝を使うときでは芝の寿命も異なっています。
たとえば、天然芝の寿命は8年ぐらいで、
短いものであるなら3年ぐらいというものがあります。
自然素材の天然芝でも性能や機能がよいものであるなら10年以上は持つようです。

しかし、長持ちする天然芝は、手入れが行き届いていて管理がキチンと行われているか、
使っている環境が良い場合といってよいかもしれません。

それに比べて人工芝の場合は、寿命が7年から10年ぐらいとされています。
このように芝の寿命は天然芝でも人工芝であっても
あまり変わらないというものが多いことがわかります。
 
芝の庭
 
ただし、人工芝の場合は、性能がよいものであるなら寿命が長い製品も見られます。
人工芝は手入れなどをあまり必要としないため、
寿命が長い製品の多くは、使用環境が良いか、製品が良いということになります。
人工芝は常に踏まれるような過酷な環境で使われる以外は、
きれいな状態で長く持ちます。
そのぶん芝の張替サイクルが長くなるので、コスト面では経済的になるメリットがあります。

リアル人工芝のエクスターフは、高品質の人工芝として知られています。
エクスターフの寿命は10年以上です。
その証拠としてエクスターフでは、10年間の品質保障を行っています。
人工芝の中でも寿命は長いので、張替サイクルが長いことが特徴です。

エクスターフの場合、ナイロンなどの耐久性の高い素材を使って強度を高めています。
また、耐水性を高めるなどの工夫を施すことによって耐久性を向上させています。
さらに、エクスターフは、DIYでも施工できます。
DIYでもしっかりと施工しているなら張替サイクルが長くなるのです。