人工芝は種類によって価格差がある

人工芝は種類によって価格差がある

 

人工芝

 

最近よく使われるようになった人工芝ですが、
庭や運動場で使っているのを見ると、人工芝であっても
天然芝のようにきれいに仕上がっていることがわかります。
人工芝は、どうしても人工素材で作られているので、
見た目については期待しないという人もいますが、
リアル人工芝を見たら、その仕上がり感に驚くことでしょう。

いま人工芝の多くは、高性能で高機能であり、
見た目においては天然芝との見分けがつかないか、
それ以上の性能を持っています。

そのことから、人工芝の場合、天然芝に代わることができているといってよく、
中でもリアル感のあるリアル人工芝となると、
見た目や使い心地は抜群なものです。
これは、メーカーなどの苦労が実ったものであり、
改良が進んだおかげといってよいでしょう。

また、人工芝は、人工素材ゆえに天然芝とは違って
屋内でも使えるようになったことから、
公園や庭だけでなく、ベランダ、バルコニー、玄関でも使えるようになったのです。

 

人工芝のバルコニー

 

また、人工芝のメリットは、天然芝のような面倒なメンテナンスがなく、
お手入れも簡単で手をかけることがないということにあり、
いつもきれいな状態を保つことができることです。

また、人工芝の場合、人工素材に耐久性があり、高寿命でもあるため、
どこでも長く使えるようになるといったメリットもあります。

ただし、人工芝であってもさまざまなメーカーや販売会社の
いろいろな製品があるので、製品選びは大変になります。
たとえば、同じ人工芝であっても安く買える簡易的なものから
高耐久で価格が高いリアルな人工芝もあります。

これらは、芝でもまったくといってくらい異なるものであり、
安く買えるものでは、プラスチック製で寿命が短く、
庭などに使うには向いていません。
また、簡易的なものはプールのようなところでしか使えないので、
人工芝を選ぶときは製品の価格はもちろんのこと、
性能や機能などについても検討したほうがよいでしょう。

このようなことから、庭などに使えるような
天然芝に代わることができる人工芝とは、
本物みたいでリアル感のあるリアル人工芝に限られる
といってよいかもしれません。
リアル人工芝なら、人工芝でも高性能であるため、見た目や耐久性は抜群です。
また、このようなリアル人工芝であるなら、
価格も高いことが特徴であるため、
それなりの製品なら価格相応であるということを理解しておいたほうがよいでしょう。

たとえば、高性能で価格が高いものは、
パイルや基層部に弾力性を与えるような構造とする加工を施して
耐久性を向上させているほか、
芝には枯れたような葉を混ぜることによって
見た目がリアルに見えるような製品としています。

つまり、人工芝と一言でいっても種類によって価格差があるのです。

 

DIY

 

フィールドマジックは、リアル人工芝の販売と施工を行う専門会社です。
フィールドマジックの人工芝は、リアル感があって
耐久性がある高品質の製品です。
オリジナル製品のエクスターフやロイヤルターフといった製品では、
リアルな風合いを出すために芝葉を再現するパイルに弾力性を与えるU字加工を行っています。

また、基層部の構造にも特殊な加工を施すことにより、
芝の使い心地を向上させることに成功しています。
フィールドマジックの人工芝は、性能や機能は価格相応の製品なので、
エクスターフとロイヤルターフを利用すると安心でしょう。

また、フィールドマジックでは、自社施工も行っています。
施工の際は、あらかじめ手間や時間を省くために、
工場でカットや加工した製品を現場に持ち込んで設置します。

そして、現場では、整地や雑草対策工事など、
芝をきれい仕上げるまでの工程をベテランのスタッフが行います。

フィールドマジックの人工芝なら高品質の製品の販売から施工までを行うので、
その性能や仕上がりに満足できるはずです。

価格も手頃なので、高性能なリアル人工芝を自宅に使いたいという人におすすめの製品です。

クレジットカードでお支払いできます