人工芝サンプルをどう見分けるか?

人工芝サンプルをどう見分けるか?

 

疑問・お悩み

 

芝の仕上がりがよいと、見ていて心地がよいものです。
そのことから、多くの場所で
広く芝が使われているといってよいかもしれません。

庭に使う芝には、天然芝と人工芝があります。

天然芝は自然素材を使って作った芝で、
人工芝は人工素材を使って作った芝です。

どちらもよく庭に使われているので、
芝を使った庭はきれいに仕上がることが特徴です。

ただし、同じ芝であっても性質や機能などが違うので、
天然芝と人工芝では、使えるところが制限されることを知る必要があるでしょう。
天然芝は、庭や公園、グランドや競技場などで広く使われています。
天然芝が使われている理由は、
自然素材のナチュラルな使用感や見た目の良さにあります。
使い心地の良さは、天然芝ならでは性質でもあり、
この性質が庭などをきれいに仕上げることになるための重要なものとなります。

しかし、天然芝は、管理が大変なことで知られています。
天然芝を使う庭などでは、
伸びてくる芝葉を定期的に刈らなくてはなりません。
また、天然芝では、雑草が伸びて混ざるようになるので、
草むしりも行わなくてはならないのです。

そして、天然芝は、人工芝よりも耐久性や寿命が短いゆえに
芝の張替サイクルが早いため、張替コストがかかるといった問題があります。

このように、天然芝の場合は、
たくさんのメンテナンスのための手間やコストがかかる
といったデメリットがあります。

さらに、天然芝の場合、自然素材という性質から
芝刈りや水やり、肥料やりなどが必要であるため、
衛生的にも屋外の利用に限られると考えてよいでしょう。

これに対して、人工芝の場合は、
工業製品であることから、芝刈りも草むしりも水やりも要りません。
また、製品は耐久性があって丈夫なので、
屋外だけでなく屋内でも使える性質があります。

そのようなことから、人工芝であるなら、
天然芝とは違ってどこでも広く使えるようになるといった特徴をもっています。

 

人工芝のバルコニー

 

たとえば、人工芝が使えるところには、
庭や公園はもちろんのこと、エントランスやベランダ、
バルコニーといったところがあります。

人工芝なら建物の中でも使えるようになるので、
利用性が高いことがメリットといってよいかもしれません。

このように、さまざまなところでも使えるようになった人工芝ですが、
いまでは、いろいろなメーカーや販売会社から売られるようになり、
種類も豊富になっています。

人工芝の種類が増えたことは、
人工芝のニーズが高まってから改良がすすんだ結果といってよいもので、
今では高性能な人工芝も増えるようになっています。

高性能な人工芝なら人工芝の性能や機能、見た目が向上しているので、
人工芝が持つ性質を最大限に活かすことができるはずです。

たとえば、本物みたいな印象やナチュラル感をもつ
リアル人工芝なら仕上がり感がよいので、どこに使ってもよいでしょう。

安価な人工芝では、プールなどにしか使えず、
寿命も短いのですが、高性能であるなら屋内でも問題なく
きれいに使うことができるのです。

 

人工芝の庭

 

しかし、はじめて人工芝を使ってみようと思う人が、
たくさんある人工芝の中から選ぶことは大変です。

実物をみないと、どのような違いがあるのかについてわからないので、
施工場所やサンプルで確認したほうがよいかもしれません。

ただし、施工場所を見る場合は、近くにあるとは限らず、
また許可がなければ見られないので、
製品はサンプルで確認したほうがよいでしょう。
サンプルなら、実際に手で触れて使用感などを確かめることができます。

これなら、サンプルで見た目の良さが確認できて、
よい人工芝であるかどうかといったことが見分けられるようになります。

ちなみによい芝とは、芝葉の密度が高くて弾力性があります。
芝葉に特殊な加工を行い、基層部にもクッション性を与えています。
また、芝は踏んだり、触ることで、
素材感や使用感、耐久性なども確かめることができます。
これにより、よい芝かどうかといったことの見分けがつきます。

人工芝の専門会社にフィールドマジックがあります。
フィールドマジックの人工芝エクスターフは、
見た目や耐久性、使い心地がよい製品です。
エクスターフは高性能であるため、
見分けにくい人工芝選びでお困りの方におすすめです。

クレジットカードでお支払いできます