天然芝よりもデメリットが少ない人工芝

天然芝よりもデメリットが少ない人工芝

 
人工芝の庭
 
庭を芝に仕上げると、とてもきれいなので芝を使うという人は多いといわれています。
芝ならぱっとしない庭の仕上げに最適なものです。
芝を使ったところは、ナチュラルな印象があるので、
庭のまわりまで心地よい雰囲気にしてくれるようです。
また、芝を使う庭は、まとまりがよくなるため、
この方法は、きれいな庭をつくるための特徴といってよいのかもしれません。
これなら、庭づくりで悩んでいるという人でもきれいに仕上げることができるはずです。

このようにきれいな庭をつくることができる芝ですが、
庭に使える芝には、天然芝と人工芝があります。
まず天然芝は、自然素材を使って作る芝であるため、
風合いがよくて手触りや使用感もよいものとなっています。
なめらかなさわり心地は、
自然素材ならではの天然芝が持つメリットであるといってよいでしょう。
これは、天然芝を使うメリットとなるところですが、天然芝の場合はデメリットもあります。

天然芝は、メリットよりもデメメリットがほうが目立つといってよく、
その内容についてはたくさんのものがあります。
まず、天然芝は芝が伸びたり、雑草が生えてきます。
そのため、芝刈りや草むしりを定期的に行わなくてはならないので、
これらは天然芝の大きなデメリットとされています。

また、天然芝は、水やりや肥料やりなどが必要になるだけでなく、
水や土や肥料で周囲を汚してしまうこともあります。
そのようなことから、芝が使えるところが限られてきます。
つまり天然芝には、このようなデメリットがあるのですが、
これらは芝の管理やメンテナンスを大変なものとすることから、
実は天然芝のデメリットは、大変面倒で手間のかかるものなのです。

これから天然芝を使うことを考えているという人は、
天然芝を使うかどうかといったことで悩んでいるという人も見られます。
今ではメンテナンスが楽な人工芝もあるので、
面倒な天然芝を使いたくないというところから注目されるようになっているようです。
 
ベランダ
 
人工芝は、本来、天然芝が持つデメリットを解決するために作られたものであるので、
天然芝のようでありながらも天然芝を超えるような耐久性などを持っていることが特徴です。
人工芝でもリアル感の高いリアル人工芝である場合、
天然芝のように本物みたいな仕上がり感を持つことに成功しています。
見た目については非常に向上しているため、
ナチュラルな風合いと心地良い印象を持つことに成功しています。

人工芝は、外観面で天然芝に代わることができるため、
本物との区別がつかないほどのリアル感があります。
そして、人工芝は、天然芝よりもメンテナンスを楽にするような性能と機能を
持つことができています。
たとえば、芝葉を再現するパイルに弾力性を与える特殊な加工を行うほか、
基層部分にはクッション性もつ構造とすることによって、
高い耐久性と高い寿命を得ているのです。
このように人工芝の場合は、
天然芝のデメリットを解決することがメリットであると考えてよいでしょう。
 
人口芝
 
このように人工芝を使うと、デメリットが多くて
デメリットについてはあまり浮かばないのが特徴です。
そういったことから、人工芝のデメリットを上げるとするならば、
ただ単に製品は本物でないということになるでしょう。
本物ではないので、自然の芝の香りがしないといったぐらいのことはあります。
しかし、そのほかについては、人工芝は天然芝にあらゆる点において
代わることができるだけでなく、天然芝以上の能力を発揮することができるので、
人工芝は天然芝よりもデメリットが少ないということがいえます。

これは、高品質の人工芝を扱うフィールドマジックの製品でも
同様のことが言えるもので、フィールドマジックの人工芝では、
天然芝に代わる性能や機能、見た目の良さを持っていることが特徴です。
フィールドマジックのオリジナル人工芝のエクスターフやロイヤルターフは、
リアル感があって耐久性においても優れていることから
デメリットが少ない人工芝として、どんなところでも利用できることは間違いありません。

クレジットカードでお支払いできます