安い人工芝を作るためには

安い人工芝を作るためには

人工芝が多くの場所で採用されるようになってきましたが、
これにはホームセンターが力を入れるようになってきたことや、
百円均一などでも販売が増えたことが理由にある気がします。

安く人工芝が手に入れば消費者としてはうれしいですが、
どうして安くなるのかはよく考える必要があります。

 

まず、百均の人工芝はどうして安いのでしょうか。

この理由を一言で言えば、材料を減らし、品質が低いからです。

リアル人工芝では特にその傾向が顕著で、
芝葉は非常に抜けやすいですし、密度も低いです。
基布もペラペラで、しかも水はけも悪くなっています。

手抜きというよりも、原価が先に決まっていて、
その原価の中で最低限リアル人工芝としての体を保つと、
こういう商品ができあがります。

使い方によっては価格以上の満足度を得られますが、
一般的に想定される人工芝の使い方では性能不足です。

人工芝パネル

また、最近増えているのがホームセンターの独自開発商品。

売れ筋の価格帯で質の良い人工芝を作るために、
中間マージンを省いて人工芝を作っています。

独自開発とは言いますが、実際には人工芝メーカーと提携し、
価格を交渉して商品を作ってもらっているのがほとんどです。

実際に生産設備まで備えていることはあまりありません。

それでも商社や卸業者を介さないで済む分コストも下がり、
商品価格も品質の割に安くなるので一定の価値があります。

これはとても良いことなのですが、注意すべきは、
「売れ筋の価格帯」が決まっているということです。

そのため、どこのホームセンターのオリジナル商品も、
1平米あたり1,480~2,980円の価格帯になっています。

このくらいの予算で作ることができる人工芝というのは、
性能的には中の下くらいが限界です。

耐久性やデザイン、抗菌性能など、何かが犠牲になっており、
用途によっては十分な満足を得ることはできません。

高級感のある人口芝

当店では独自開発商品のエクスターフを販売していますが、
最初の商品企画からこだわりを持って商品を作っています。

長く使える高品質な人工芝をテーマにして作られており、
10年保証という他ではできないサービスを可能にしています。

中間マージンがほとんどありませんし、
大きな店舗や広告も不要ですから余計なコストも乗りません。
そのため、価格以上の性能を持っていると自負しています。

ホームセンター商品と比較すると価格は少々高くなりますが、
10年使えば、コストパフォーマンスとしてもずっと上で、
何より高品質の人工芝であることを実感できるはずです。

安くて高品質の人工芝をお求めなら、
ぜひ当店のエクスターフをご検討ください。

クレジットカードでお支払いできます