寿命が長い人工芝とは

寿命が長い人工芝とは

 
リアル人工芝
 
人工芝は耐久性があって寿命が高いことから、
一度設置したらしばらく取り換える必要はありません。
人工芝であるなら、自然素材の天然芝よりも長持ちするといってよく、
これは、人工芝の特徴の一つといってよいでしょう。

とにかく人工芝は人工素材でつくるため、
いつまでもきれいで強い芝の状態を楽しむことができるようになります。
中でもリアルで高性能な人工芝の寿命は長く、
平均して8年から10年ぐらいといわれています。
この期間は、高性能の人工芝であるなら製品の保証期間ともなっているので、
耐久性の高さがよくわかるものとなっています。
 
庭の人口芝
 
通常の人工芝で短いものなら寿命が3年といったことに対して、
非常に長い寿命があるので、
リアル人工芝の性能の高さがよくわかるといってよいでしょう。
リアル人工芝の寿命が長い秘密は、まず、1つに素材の違いにあります。

人工芝に使われている素材は、プラスチックやナイロン、ポリプロピレンです。
これらは、人工素材ゆえに天然芝よりも強度があります。
しかし、すべての素材が天然芝よりも寿命が高いというわけでなく、
強度が高いのはナイロンやポリプロピレンを使ったものに限られます。
その理由は、プラスチックの人工芝であるなら、
天然芝よりも寿命が弱いといったことがあるので、
高寿命の人工芝は、主にナイロンやポリプロピレン製のリアル人工芝ということになるのです。

2つに、耐久性を高めるため、人工芝は構造と加工に特徴があります。
人工芝でも耐久性が劣るものでは、加工や構造は単純ですが、
高性能なリアル人工芝になると、芝葉となるパイル部分に
弾力性の高い断面と加工を施し、
基層部には、耐久性を高める構造を施すといった方法を採用しています。

最後に、高寿命の人工芝は、長く使えるようにするために施工をしっかりとしています。
高寿命の人工芝の場合、仕上がりをきれいにしたり、
耐久性を保持するために、施工では、転圧機を使って整地を行い、
きれいに整地できたら、そのあとは雑草対策を行って雑草が生えないように施工します。

そして、ずれないようにジョイントをきちんと仕上げたり、
サイズにあった隙間のないカットを行うことにより、
芝が早く傷んだり、劣化しないように施工しています。
このような人工芝であるなら、耐久性は高くなることはもちろんのこと、
寿命も延びて張替サイクルも伸びるので、経済的になります。

また、しっかりとした施工により、人工芝は容易には壊れることはなく、
汚れにくくもなるので、さらに、寿命のよい芝として
長持ちするようになるとされています。
このように、人工芝は、製品と施工はよくないと、
寿命が伸びないといってよいでしょう。
高寿命の人工芝である場合、ある一定の条件を満たしているということが必要になるのです。
 
人工芝施工
 
このような人工芝があるなら、天然芝でなくてよいということになるので、
天然芝に代わる製品として、いろいろなところで活用できることは間違いありません。

この条件を満たす人工芝にフィールドマジックの人工芝があります。
フィールドマジックの人工芝には、
エクスターフと高級人工芝のロイヤルターフがあります、
どちらも高品質で高性能の人工芝として天然芝に代わることができる製品です。
エクスターフの保証期間は10年で、
ロイヤルターフの保証期間は8年となっていることから、
保証期間を見ても高耐久で高寿命であることがわかります。

これらは、あくまで保証期間であるのですが、
実際に実物はもっと寿命が長く使えることが特徴です。
エクスターフとロイヤルターフの寿命が長い秘密は、
パイルにナイロン素材を使い、基層部にはポリプロピレンを使って
耐久性を向上させていることです。
そして、パイルの断面にはU字の特殊加工を行って踏みつけて簡単には壊れず、
すぐに戻る弾力性を持つ性能になっています。
基層部もクッション性のある構造とすることにより、
耐久性を持たせて寿命が高くなるようにしているのです。
フィールドマジックの人工芝は、このような性質があるので、
長く使えるようになるのです。

クレジットカードでお支払いできます