庭での人工芝のデメリット

庭での人工芝のデメリット

人工芝は天然芝がもつデメリットを克服するために開発されてきた
といってよいでしょう。

今では天然芝に代わる性能や機能を持つ人工芝が多くなり、
高性能の人工芝や見た目においては
天然芝と見違えるような人工芝も販売されるようになっています。

 

人工芝の中には、本物のような雰囲気のある人工芝があります。

リアル人工芝は見た目がよいことはもちろんのこと、
手入れやメンテナンスもよいことから
天然芝に代わって採用するところが増えています。

これらは庭などに使われることで性能を発揮するとされています。

 

人工芝のメリットを具体的に上げると、

  • 見た目が本物のようであることや天然芝に代わることができる
  • 手入れが楽
  • 子供やペットでも安心して使える

ことといってよいでしょう。

 

また、人工芝なら枯れたり、変色をすることもありません。

面倒な芝刈りを行うこともなく、虫もつかず、
一度設置すると当分の間張り替えを行う必要がないので、
ランニングコストもほとんどからないことをメリットとしています。

人工芝にはさまざまなメリットがあるので、
いろいろなところで採用されるようになっています。

 

このようなことから、人工芝の場合はメリットばかりで
デメリットがないように思いますが、
人工芝にもデメリットがあることが指摘されています。

 

人工芝の庭作り

 

人工芝の場合、目立ったデメリットといったものはありませんが、
人工芝には人工素材ならではの欠点をあります。

人工芝のデメリットとして、年中青々とした色が気になるかも知れません。
冬でもきれいな緑に違和感を覚えることがあるでしょう。

また、人工芝は工業製品です。
寿命があるので、いつかは寿命を迎えることになり、
製品によってはすぐに傷むものがあります。

張替コストを考えると天然芝よりもコストがかかることもあるのです。

 

施工中

 

人工芝は天然芝を超えるために開発されてきました。

そのことから、人工芝にデメリットがあっても
天然芝のデメリットに比べると少ないものです。

 

フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

 

【関連エントリー】
人工芝のデメリットを知っていますか?
人工芝のデメリット
庭に施工する人工芝のデメリット

wpid-sample02-300x92-2014-05-8-18-08.gif

クレジットカードでお支払いできます